« オルセー美術館展 | トップページ | 台風上陸 »

ウィル、獣医さんへ

Photo_9 おとといの三太の命日の日の夜にさかのぼります。ここのところ、ウィルがからだを痒がっていたのですが、日曜の夜にシャンプーしたら(シャンプーしたほうがいいかな、と思ってやったんだけど、もしかしたら余計に刺激してしまったのかも)、その後、一層かゆみが増したようで、足の一部をがじがじ噛みすぎて(痒くて舐めたり、噛んだり、ひっぱったりするんです)、10円玉くらい脱毛してしまい、むき出しになった地肌も赤いので、ひどくしたら嫌だと思って、閉め際の獣医さんへ駆け込みました。はぁ、獣医さん常連のウィルです・・・。待合室にいた、おとなしくてかわいいチワワのおしりを嗅ぎまくっていました・・・。
Photo_11 Photo_12
人間の場合、ちょっと痒くたって病院になんか相当悪化しないと行かないけど、わんこはほっておくと気にして舐めてどんどん悪化させたり、かゆみで神経質になってしまうので、やっぱりセンセイに診てもらうのが安心。念のため、皮膚病に隠れている寄生虫?細菌?の検査もしてもらいました。検査は陰性。ほっとしました。少しアレルギーの気はあるかもしれないけど、ひどいアトピーの場合は顔の毛、目の周りとかがはげはげになってくるけど、ウィルはそういう気配はなくて、安心しました。原因がはっきりしないけど、治療方針としては、ステロイドと抗生物質を飲んで、かゆみを押さえ、炎症を食い止めるということです。塗り薬はなし。塗っても舐めちゃうもんね。金曜日にもう一度様子を診てもらうことになりました。ああ、やっぱり安心した~。薬が効いて、痒がらなくなり、皮膚の方も好転してきました。会計8,137円也。う、金食い虫め・・・。

ちょうどこの日は三太の命日。今のウィルの先生に最期まで本当にお世話になりました。この日ウィルをここに連れてきて、先生に改めて御礼を言って、ウィルのかゆみもとまって、私も心から安心して、三太は天国で「ママ、ぼく、ちゃんと見てるでしょ」って言っているみたいだな、って思いました。その日はほかにもちょっとしたミラクルがありまして、それも、きっと天国の三太の粋なはからいだったのでは、と確信しています(笑)。

|

« オルセー美術館展 | トップページ | 台風上陸 »

ウィル」カテゴリの記事

三太」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

診察台で観念したような表情のウィルくん・・・尻尾も下がってるね。。
大きな病気のきざしじゃなくて、よかったね。
うちも、ダンナが湿疹であれば見過ごすけど、グッディだったら2,3日経過観察して収まらなければやっぱり病院!あとあとひとい病気とかで後悔したくないもん。。
でも、2年前のお礼ができてよかったね。ウィルくんも、足しげく通って先生に顔を覚えてもらえるね。

投稿: kero | 2010年8月12日 (木) 16時43分

keroさん
大きな病気の心配はしてなかったんだけど、かいかいがひどくて、あっちこっち赤くなったり、はげたりするのはかわいそうだからねえ。
犬に「ひどくなるから掻くのガマンしなさい」っていっても通じないから、お医者様に頼るしかないよねえ。
うちはあの獣医さんへは三太が赤ちゃんの頃からだから、もう18年くらいのおつきあいです。
三太は晩年までほとんど病気知らずでしたが、「超」のつくびびり屋で先生から覚えてもらっていたし、ウィルはすでにすっかり「お得意さん」です(笑)。
ウィルが我が家に来てからの変化(「いい子になったでしょ~」とか「目薬完璧になったんですよ~」とか・笑)先生に逐一報告してます(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2010年8月13日 (金) 10時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« オルセー美術館展 | トップページ | 台風上陸 »