« 思い出す | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

本屋で収穫

Photo_2 本屋さんで思わぬ収穫。再び「赤毛のアン」(世界名作劇場文庫)と、「考える人」2010年夏号・特集村上春樹ロングインタビュー。この「赤毛のアン」はTVシリーズのノベライズ。アニメのカットもあちこちに入っていて、いいです。最初はやせっぽちでお世辞にもかわいいとはいえなかったアンが成長して、どんどんきれいになっていくの。しかし、この本の目玉はそれだけじゃない。なんと、オープニング・テーマとエンディング・テーマを収録したCDがついていること。実は数日前に初めて本屋さんでこの本を見かけて、CD欲しさに手に取ったのだけど、その日はさんざん悩んで何も買わなかった。こういうのはCDをあえて手に入れず、記憶の中にあった方がいいのかな、ってちょっと思ったのだ。でも、結局、数日してやっぱり買いに行きました。買ってよかった!懐かしい、子供だましではない上質な音楽、じっくりと何度も聴きなおしました。トロンボーンやサックスの奏でる心躍るメロディー、ブラス大活躍!そしてわくわくさせる多彩なパーカッション、豊かな弦楽器、アンを乗せて軽やか転がる馬車のようなピアノ!改めて、すばらしい作品だったんだなと思いました。
 もう一冊の「考える人」はモノクロ写真の真ん中にどどんと「村上春樹・ロングインタビュー」とあって、ズキュンと。2泊3日にわたる村上春樹へのロングインタビューが特集。わくわく。しかし、特集記事の扉に「このインタビューは『1Q84』のBOOK1、BOOK2、BOOK3の内容に触れている部分があります。まだ読んでいらっしゃらない方は、まずは小説をお読みになってから、インタビューをお読みになることをおすすめします」という編集部からの忠告が。そうなのです、BOOK3、昨夏のBOOK1、BOOK2に続く恒例の夏休みのお楽しみとして、まだ読んでいない(まだ買っていない)のです。楽しみが倍になりました。ドキドキ、ワクワク。

考える人 2010年 08月号 [雑誌] Book 考える人 2010年 08月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2010/07/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 思い出す | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

お気に入り」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。