« うれしいお便り | トップページ | @ダンナの実家 »

またひとつ

 「20年モノ」シリーズ(笑)。キーケースを買い替えました。

 私は結婚するまで家の鍵というものを持ったことがありませんでした。そもそも我が家は、就寝前に中から鍵をかけることはあっても、外出のために外から鍵をかけるということが皆無だったのです。誰かしら必ずうちにいる大家族(自営業だったし)&鍵をかけなくても犯罪に巻き込まれる心配の少なかった、古きよき時代に生きていたのでした。結婚して初めて親元を離れ、これも憧れだった(笑)マンションに住み、自分の鍵を持った時はすごくうれしかったことを覚えています。そんなうれしさもあって、簡易なキーホルダーではなくて、キーケースを買ったのでしょう。会社の同僚で同じ東武東上線沿線に住んでいた小池さん(私は常盤台、小池さんは朝霞に住んでいました)に会社帰りに付き合ってもらって、デパート(池袋西武でした)に探しに行きましたが、値段とデザインでなかなか折り合うものがなく、結局消去法で、今の私なら絶対買わなかったであろう「KENZO」の花柄プリントの皮のキーケースを購入しました。たしか1万円近くしたと記憶していますが、就職2年目の私には高い買い物でした。当時、このKENZOの花柄のプリントはとても人気があったので、覚えている方も多いと思います。20年の間に持つ鍵も増え、丈夫だったキーケースもすっかり傷んでいました。中の鍵のクリップもひとつ外れたし、鍵が多くて全部を包むことが出来なかったし(頻繁に使う自分のうちの鍵二つだけ、外に出していました)。くたびれすぎていて、他人様の前で出すのは恥ずかしかったここウン年でした。夏の入り口の頃、「そろそろいいだろう」と思い立って、新しいキーケースを注文しました。ネットで探したタンニンなめしのオイルレザーのキーケース。注文を受けてから職人さんが製作するので、納品までひと月ほどかかりましたが、手元に届いたのは、イメージどおり、使えば使うほど愛着がわき、素朴で堅牢で、頼りがいのある逸品でした。今までのものよりひとまわり大きくて、しっかりと厚みがあるので、今使用中の鍵をすべて包んでも余裕があります。この先、今まで使っていたKENZOのキーケース以上の年数、がんばってくれそうです。
 自宅のスペアキーのキーホルダーは1996年のアトランタオリンピックのおみやげ。当時勤めていた会社の上司がオリンピックがらみの仕事に行ってきた時のおみやげです。それすら、もう14年も昔なのか!こちらもそろそろ変えたいな、と物色中です(だいたい決まっている・笑)。
Photo
Photo_2
Photo_3
365日×約20年、毎日必ずお世話になっていた愛着のあるKENZOのキーケース殿、 長いことお世話になりました。どうもありがとう。

|

« うれしいお便り | トップページ | @ダンナの実家 »

お気に入り」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

写真をみる前から、KENZO花柄がちゃんと思い浮かべられました。長い年月をともに過ごしたのねえ。お役目果たしたと思うわ。お疲れ様でした。
新しいのは、いまのぽんすけさんにあっているね。そしてきっとKENZOさんの20年を考えれば、きっと死ぬまでのおつきあいじゃないかしら!!

私はキーケースを持ったことがまだないのですよ。今はぴったりくるお財布をずうっと捜しています。

投稿: kero | 2010年8月19日 (木) 14時53分

keroさん
KENZO、流行っていたよね。
いただきものの同じシリーズの小物ポーチも、いまだに使用しています(笑)。
私って一度「これ」と思うととことんボロボロになるまで(恥ずかしいくらい)使うのですが、これもそのひとつでした。
ま、買い替えるお金がもったいないってこともあったけど(笑)。
ダンナと私が今の店をやるようになってから、キーケースはその日の予定で私が持ったり、ダンナが持ったりなので、新しいのはユニセックスでいい感じです。
そして、おっしゃるとおり、職人さんは一生ものを目指して製作されているので、何年使うか、また記録に挑戦です(笑)。
気に入った財布ってなかなか難しいんですよね。
すてきな財布に出会えるといいですね!!
ちなみに私のサイフはダンナのパチンコの景品(笑)。
とはいっても、モスキーノ(これも時代だわ~!)のもので、これももう14~15年はつかっていると(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2010年8月19日 (木) 17時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« うれしいお便り | トップページ | @ダンナの実家 »