« 2010年夏の北軽井沢滞在(2日目・その1) | トップページ | 2010年夏の北軽井沢滞在(3日目・その1) »

2010年夏の北軽井沢滞在(2日目・その2)

鎌原のドッグバケーションにて、ウィル、走る!
1_2 2_4 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14
楽しそうに走り回るウィルを見るのは楽しいです。ほかにもゴールデンの女の子にしつこくつきまとい、追い払われておりました。
Photo_15 ひとしきり遊ぶとウィルもさすがに疲れた様子。お昼の時間なので、手っ取り早く、ここのランチを頼みました。あっつあつのホットドッグとチーズカレーパンセット、500円ナリ~。ここはランチの持込歓迎なので、何か買って持っていくのもいいです。
Photo_16
日中は日差しが暑かった~。受付の方も「もう、今年は本当に異常!」と言っていました。

ドッグランで遊んだら、さっさとキャンプ場へ帰りました。コテージ暮らしやキャンプ場も楽しまなきゃ。予定は詰め込みたくなかったのでした。
Photo_17
コテージの前庭もちょっとしたプライベートランになっています。隣のコテージ(withドッグじゃない方)の家族のママと幼稚園の年中さんのかわいい女の子が「わんちゃん、みせてください!」ってやってきました。ママは子どもの頃からビーグルを7匹も飼っていたそうで、ビーグルにはことのほか思い入れがありそう。結婚してから最後に飼っていたのはアメリカン・コッカースパニエルで、「その子が天寿を全うして、そしたら、この子が生まれました」と言っていました。「ついでに、この子、戌年なんです」って(笑)。このご家族は翌朝も遊びに来て、ウィルと一緒に記念写真を撮って帰りました。こういうちょっとしたふれあいも、旅の楽しみですね。袖すり合うも他生の縁、じゃないけど、淡いそういう感じを抱きます。
Photo_18
なぜかモノクロのドッグラン前広場(カメラぶらさげたまま、ウィルを抱っこしたりして、変なところ、ボタンが押されておった・笑)。ドッグランの向こう側はレタス畑。早朝、農家の方がレタスの収穫をしていました。
Photo_19
これが、私たちの泊まったノースランドコテージ外観。手前2棟は前庭に柵がないタイプ。奥2棟が柵をめぐらせてあるwithドッグです。
Photo_20  夕飯前のさんぽの途中から雲行きが怪しくなり、稲光が見えました。コテージに戻ってまもなく、夕立が降ってきました。雷が怖いウィル、パパにぺったり張り付いて、離れません。
Photo_21
今夜の夕食は、キャンプ料理の定番、カレーです~。合いびき肉と夏野菜をたっぷり入れて、作りました。ご飯はもちろん、おなべで炊きますよ~。
Photo_22
できあがり。うちから持ってきた生協の冷凍シーフードマリネをサラダにしました。夕飯を食べ終わって、雨上がりの外に出てみたら、もう星がたくさん出ていました。

この日も10時には消灯。旅行にも慣れ、スイッチが切れるように眠ってしまいました。昨夜は肌寒かったから、毛布を2枚にして眠りました。

|

« 2010年夏の北軽井沢滞在(2日目・その1) | トップページ | 2010年夏の北軽井沢滞在(3日目・その1) »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

夏休みのようす、楽しく拝見しとりまーす。
想定していた悪天候ではないけど、にわか雨もまた、のんびりした気分で迎えられるのは、このコテージを選択したおかげね!
(ウィルくんは、雷は鳴ってほしくなかったでしょうけど!)

ランで思いっきり走るウィルくんと一緒に走りたいなあ~
と、うちのグッディが言ってますよー(笑)

投稿: kero | 2010年9月 6日 (月) 11時55分

keroさん
テントでの雨って、雷はぞっとするけど、それはそれで心躍るのよ(笑)。
雨の後が大変なんだけどね。
キャンプって子供に戻るためのものなんだろうなあ。

あんなに快適なコテージに泊まっていたって、普段、なんて恵まれた便利な暮らしをしているのかって、つくづく思いました。
ただ、便利っていうのがイコール幸せかっていうと、違うんでしょうね。
多少不便で、体を使う方が、きっといい!!
そろそろ進化をとめた方がきっと幸せになれるのに。
進化し続けるしかない世の中に生きているんだよね・・・。

グッディと今度思い切り走ろうね!!

投稿: ぽんすけ | 2010年9月 6日 (月) 13時47分

この記事へのコメントは終了しました。

« 2010年夏の北軽井沢滞在(2日目・その1) | トップページ | 2010年夏の北軽井沢滞在(3日目・その1) »