« 乙女座 | トップページ | 祭りの時間ですよ~ »

買い物ふたつ

Photo ひとつ。鉄のフライパン。結婚してこの方、ずっと手軽なテフロン加工のフライパンを使っていたけど、テフロンのは2年くらいで劣化して、何度も買い替えていました。今まで使っていた何代目かのテフロンのフライパンの性能がまた落ちて、錦糸玉子なんかを焼く時にくっつくので、「そろそろ、テフロンを卒業して、鉄のフライパンにしようかな」と考えていたところ、先のキャンプのコテージで、油がよくなじんだ立派な鉄のフライパンを使う機会に恵まれました。「これはやっぱり『買え』ということね!」と(笑)。ちょうど、生協のカタログに使いやすそうで手ごろな価格のリバーライト社の「極」というシリーズが載っていたので、それにしました。キャンプのコテージのように、薪ストーブクッキングで使うわけじゃないから、もっと軽くて、使いやすそうなフライパンです。使う時は、中華料理のシェフがやっているみたいに、フライパンをよく熱して、多めの油を入れて、あっためてなじませます。熱くなったら、その油をオイルポットに移して、新たに分量の油を入れる、というひと手間(「油返し」という作業)が必要。洗うのも、熱いうちにお湯とたわしでジャジャッと。でもそうやって洗うだけで、しまう時に油を塗るとかいうことはしなくても大丈夫。ちょっとの手間をきちんとかけてあげれば、油がフライパンによくなじんで、渋くこなれた味わいのある、自分仕様の頼れる相棒に育ってくれるそうです。長く愛用したいです。

★今だけ送料100円キャンペーン★リバーライト 極 フライパン26cm ★今だけ送料100円キャンペーン★リバーライト 極 フライパン26cm

販売元:アドキッチン
楽天市場で詳細を確認する

フライパンはなぜかずっとテフロンだったけど、結婚してすぐに買った(まだ、新婚の常盤台のマンション住まいの頃だった)北京鍋と、最初はその北京鍋で揚げ物もしていたけど、それは非常にやりずらく危険だったので、結局3年目くらいに買った天ぷら鍋の二つは、昔ながらのずっしり重い鉄の一生もの。お鍋も、結婚の時に母に買ってもらったビタクラフトはやっぱり丈夫で使いやすく、いまだに一番使っています(他の安かった鍋は取っ手が劣化してダメになりました)。何でも高ければいいってものではないですが、特に日々頻繁に使う道具は、できればこだわりをもって買っておくと、やっぱり愛着が湧いて、結局いろいろな意味(「使いやすい」とか、「使いたい」から、また使う→上達する)で得をするんだなあと実感します。・・・といいつつ、100円ショップで買った小道具もいっぱい愛用しています(笑)。

買い物・ふたつめ。自転車。三年半以上乗っていた自転車の乗り心地がいよいよ「自転車乗らずに歩いて行きたい」ってほど悪くなり(笑)、買い替えました。仕事でも、プライベートでも、自転車は日々の大事な足。こっちもいつもよりいいもの、長く乗れそうなものを、近所のお店の私が全幅の信頼を置いているおばちゃんに相談して、決めました。白い自転車です。乗り心地、上々!!自転車こぐのがうれしい季節に、最高にうれしい!!こっちも大事にします!

|

« 乙女座 | トップページ | 祭りの時間ですよ~ »

お気に入り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。