« タイムトリップときわ台 | トップページ | 初めて・・・ »

ときわ台ぶらぶらさんぽ

 しばし昔の我が家を懐かしんだ後、さらにさんぽを続けます。
2
来た道を駅方面に戻り、地元の守り神様にお参り。
Photo
駅南口からすぐ、天祖神社。濃い緑の鎮守様。
Photo_2 Photo_3
最近新しく井戸を掘ったそうで、そこから湧き出る水が手水舎にひかれていました。
こちらに住んでいた間、たまにお参りに来ていました。初詣もここで。お正月には大きな茅の輪もできて、茅の輪くぐりをしました。

神社を後にして、駅北口に向かいます。
Photo_4
南口から北口に出るには、踏切を渡ります。

踏切を渡ると、北口。踏切のたもとには、2007年に線路に入って自殺をしようとした女性を助けて、電車にはねられ殉職した宮本警部(当時は巡査)で一躍有名になった、ときわ台交番があります。交番前には慰霊碑が建っていました。私も下着泥棒の相談でお世話になった交番です(笑)。

その交番前から、駅と北口ロータリーをのぞみます。

Photo_5
Photo_6
ときわ台駅。駅舎は1935年(昭和10年)開業当時の建物だそうです。
Photo_7
駅前のロータリー広場。噴水や大きなヒマラヤ杉がシンボルかな。
北口は駅前から放射状に道路が伸びています。田園調布をモデルにした街づくりだそうです。昔はどうだったか知らないけど、今はもっと庶民的(笑)。駅を出てすぐ右側の線路沿いにあったスーパー東武ストアが、違う名前のスーパーになっていたけど、それ以外はほとんど昔と変わらない印象。
 駅まわりを眺めて、よく歩いた北口の線路沿いをのんびり歩いて、またも、元我が家方面に進みます。さんぽの途中の休憩場所、さっき見つけていたのです。
Photo_8
元我が家の目と鼻の先のマンション1階に出来ていたケーキ屋さん、「フレンチパウンドハウス」でケーキを食べたかったのです。どうも、ここは私の大好物のショートケーキが有名らしい。もともと北口にあったんだけど(薄ぼんやり「あそこかな?」と思うお店があったっけ)、3年前にこちらに移転してきたそうです。
Photo_9
じゃじゃ~ん。念願叶って、上等のショートケーキ、いただきました。どうですか、見るからにしっかり作ってあるでしょ。こんなにきちんとしたケーキをいただくのは、何ヶ月ぶり?いや、もう1年以上食べていないかも(笑)。オーソドックスな正統派ショートケーキの「ブラン」と、生クリームに苺の果汁とキルシュを香りづけ程度に入れたほんのりピンクのクリームのショートケーキ「ルージュ」を頼みました。どっちがいいか?私はルージュ!クリームがさっぱりしていて、いいです。紅茶もとっても美味しく入れてあります。お会計はさっきのパスタランチより、お高い(笑)。ワタシ的には限界突破値段のケーキです(笑)。ウェッジウッドのジャスパーウエアみたいなブルーとホワイトで統一されたティールームは、ゆったり作ってあって、静かなクラシックが流れていて、加えて辺鄙な場所だけにお客さんも少なくて(ケーキを買いに来る人は多いです)、ほっとできるお店でした。
 
 お茶の時間がすんだら、またも線路を渡って北口の住宅地の中を歩いて、駅方面に戻ります。
Photo_10
線路沿いってなんかいいですよね。時折過ぎ行く電車を眺めるの、大人も子供もみんな好きですよね。日々の暮らしの中の風景に、こういう小さな踏切や、線路があって、それも好きだったな。
Photo_11
住宅地の中で見つけたサボテン御殿。色とりどり、形も大きさもさまざまなサボテンがきれいでした。びっくり!
Photo_12 2_2
北口の住宅地の典型です。道の中央にプラタナスの並木があるプロムナード。それ以外にも、実物は見ずじまいですが、「クルドサック(フランス語で袋小路の意)」という、独特な形の車止めの空間があるそうです。南も北も、住宅地に入れば、本当に穏やかで静かな町です。ただし、ときわ台って、気の利いたお店(雑貨屋さんとか)がびっくりするほど全然ない。スーパーが2軒あって、日常の買い物には苦労しないけど、大山みたいなにぎやかで人情味のある商店街もない。きっとこの町は、質素に穏やかに暮らす町なのです。暮らしていた2年とちょっとの間は、振り返るとそんなに広範にときわ台周辺を散策して楽しんではいなかった(苦笑)。当時から家計に余裕はなかったから(キャンプや旅行に行くために車を買いたくて、ときわ台暮らし2年目で現金で三菱リベロを買いました)、外食を楽しむってこともなかったし。家の周りの気に入ったエリアだけ、決まりきった生活範囲だったな。でも多分、それだけで充分にときわ台の空気と暮らしを満喫していたと思います。

以上、約3時間のときわ台さんぽでした。また、忘れた頃にたずねよう。

|

« タイムトリップときわ台 | トップページ | 初めて・・・ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

バス1本の近さだけれど、なかなか行けない場所の再訪。
短い時間でも、すごく充実したじかん、よかったね。
サボテン御殿はすごい・・・来る人を拒んでる!?
車止めとの分離を兼ねた植栽は、確かにヨーロッパみたいです。

昨日のコメント欄みて気がつきました・・・
そうそう、お習字の先生の通う(今も)書道大学が常盤台でした!

投稿: kero | 2010年10月13日 (水) 17時37分

keroさん
keroさんち方面へもバス一本なのに、なかなか(笑)。
時間がないからこそ、ぎちっと遊べたのかな。
東京の多くの町って、乱開発が進んじゃって、雑多になり過ぎちゃってるよね。
それも東京の面白さだとよくわかっているけど、もう少し、何とかならなかったものか、行政の力のなさを感じたりして。
書道美術館って、結構有名みたいだよね、その筋では。
私はたしか美智子様の書が展示されているっていう(企画展?)のを見に行ったと思います。
keroさんとも習字の先生つながりで、ときわ台に縁があったね(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2010年10月14日 (木) 10時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« タイムトリップときわ台 | トップページ | 初めて・・・ »