« 新しい迷子札 | トップページ | 記録 »

うなぎやさんでお昼ごはん

 久しぶりの好天。たまっていた洗濯物(今週秋冬仕様におふとん換えをしたから、タオルケットと綿毛布)を洗いました。気持ちよか~!ラジオの交通情報聞くと、みんな紅葉狩りに出かけているようで、高速はとっても混んでるみたい。うちはいつも通りおでかけできないけど、週末だもん、できることで気分転換!ってことで、お昼を近所で食べました。なんだよ~、それだけかい?んでも、今日のランチはちょっといつもと趣向を変えまして、丑の日でもないのに、ご近所の小さな老舗うなぎやさんでお昼です。なんでうなぎやさん?たまたま、昨日の夜、ウィルのさんぽ仲間のママとうなぎやさんの前でバッタリ会いまして、「今日はパパがいないから、アタシだけうなぎお持ち帰り~!」っていうのが、うらやましかったの(笑)。
Photo 初めて入るお店の中。昔ながらのたたずまい。お座敷の中すべてが昔の日本人サイズで、小さく、かわいい。懐かしい小物もたくさん。母方の祖父母の家を思い出す。昭和の香りで落ち着きます。
 こちらのお店の名物女将のおばあちゃんが、お出迎え。小さくて、かわいいおばあちゃんです。私は最初おばあちゃんは着物を着ていると思っていましたが、食後に見たら、お洋服でした。なんだかお着物を着ている風情を漂わせていらっしゃるのです。相当のお年とお見受けしますが、きびきびとお茶やお手拭を出してくれます。とてもすてきです。私もこういうおばあちゃんになりたい!
 ランチはうな丼1000円があるのじゃ。私たちはそれで充分です。ごはんの盛りは、大盛り、普通盛り、小盛り、どれがいいか聞いてくれます。私たちは普通盛りで。
Photo_2 昼のサービス、うな丼1000円です。小さなお吸い物と、自家製のお漬物もついてます。さらに、食後にはおばあちゃんから秋田のもろこし(落雁みたいなお茶菓子)のサービスも(笑)。
 なんてったって1,000円しか出さないから、鰻の身はそれほど厚くないけれど、余計な油を落としたとてもさっぱりとした味わい。ふっくらと柔らかく仕上がってます。タレもさっぱり辛口。おいしくいただきました。
 うなぎを焼いている間、店内をあれこれ見ていたら、永六輔さんがこのお店のために書いたうなぎの色紙が貼ってありました。昔からつぶれずにずっと続いているお店だから、きっと名店なんでしょうね。
Photo_3 おばあちゃん、さらにサービス。おばあちゃんの手作りふくろう根付をプレゼントしてくれます。ひとつひとつ、形や大きさ、布の柄が違って、表情もちょっとずつ違います。いいなあ、こういう手作りの味のおもてなしって。

・・・ってことで、楽しくおいしいお昼を過ごしましたとさ。

|

« 新しい迷子札 | トップページ | 記録 »

お外ごはん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。