« サッカー観戦 | トップページ | 今年の酉の市 »

今日は二の酉

Photo_2 今日は二の酉。商売人の我が家も、仕事を早めに切り上げて、花園神社の酉の市に行きます。去年はいつも買うサイズで好みの熊手がなくて、一回り大きな予算オーバーの熊手を買いました(店に飾るには限界のサイズ)。そのおかげでだかわからないけど、悪くない一年だったです。来年の運もかっこまねば。
毎年、酉の市の時期は非常に忙しく、今年もヘロヘロの体で向うことになります(苦笑)。

|

« サッカー観戦 | トップページ | 今年の酉の市 »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

切り上げて、いけたかな!
案内がちゃんと届くのねえ!
そうだ、きっと熊手が商売繁盛を助けてくれたのねえ。
ヘロヘロになっちゃうのは困るけど・・
季節のたいせつなイベントに間に合っていますように!
うちも、商売じゃないけど熊手買って嬉しい夜です。

投稿: kero | 2010年11月19日 (金) 18時13分

ルナ母ですこんばんはnightまたまたお邪魔m(_ _)m
 季節の折々の決まり事に真摯なことは立派ですね!
うちは、正月も新しく買わずに毎年同じ物を出しますsweat02
不道徳、無宗教の極みですdespair
 昨夜のガラコンサートすごかったですnotes
稲垣さんが新日本フィルハーモニーの津波のような演奏の中、真剣白刃取りのような緊張感の中、負けずに存在を保っていました。
なぜか、ボジョレーはたった3名しか当たらず、お腹の不調な私には助かりました?(酒に弱いだけ)
 岸辺のアルバムの山田太一の「男たちの旅路」は、勉強もせず見入っていました。鶴田浩二、桃井かおり、水谷豊等、そうそうたるメンバーでした(゚0゚) 「不揃いのりんご」の終盤あたりから私は離れ始めました。
 「考える人」も村上さんのチョロ見ですwink
「ねじまき鳥クロニコル」のノモンハンで「世界の歴史28巻」
そして、「真景累ヶ淵」他翻訳本を流し読み
私は頭も赤ん坊で人様と同じ土俵には、恥ずかしくて近づけません
。でも適当にお付き合いしてくださいm(_ _)m
 

投稿: ルナールまま | 2010年11月19日 (金) 19時51分

keroさん
keroさんもアサイチで熊手ゲットしたんだよね!
昨日は予定通り、酉の市に行きました。
背広姿のサラリーマンも多かったよ~!
こういうのって、習慣だからさ、途切れると縁起悪いかなって(2年前行けなかった時は、気持ち悪かったからねえ)、ヘロヘロでも行ってよかったです(笑)。


ルナールままさん
受験生の神頼みみたいなもんで(苦笑)。
ガラコンサート、良かったみたいですね!
スティングの「シンフォニシティ」みたいな感じですよね。
緊張のきわみかもしれないけど、歌うの、気持ちいいだろうなあ。
「男たちの旅路」、これは見ていません。
「りんご」は大好きで、毎週楽しみでしたけど。
ああいう風に毎週楽しみに待つなんてドラマ、ドラマを待つ私も、もうないでしょうね。
りんごの影響?で私も三流大学の大学生になりました(笑)。
「ねじまき鳥」、村上ファンのくせに読んでないんです。
ロングインタビュー読んでいても、あの小説と「海辺のカフカ」(これは既読)は彼にとって、それ以後の作品への流れを作った作品だったことがうかがえる(ねじまき鳥は読んでないけれど、前後読んでてそれはなんだかわかる気がします)ので、これから読みたいと思っています。
「1Q84」の登場人物の牛河は「ねじまき鳥」が初出のようだし。
私こそ、こんな感じでなんにでも中途半端ですけれど、「こんなものが好き」とかいう感覚が磨かれればいいかな、みたいな感じです。

投稿: ぽんすけ | 2010年11月20日 (土) 09時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« サッカー観戦 | トップページ | 今年の酉の市 »