« 今日は二の酉 | トップページ | どれだけ »

今年の酉の市

Photo 昨夜の二の酉(新宿・花園神社)の様子です。

異界への入り口のような鳥居です。
Photo_2
神社境内は足の踏み場もないくらい、屋台と人でいっぱいです。それでも、私たちが神社に着いた時間はまだマシでした。
Photo_3
昔ながらの切山椒売り。
Photo_5
まずは今まで店を見守ってくれた熊手を納めに行きます。
Photo_7
その後、本殿へお参り。参拝を待つ人が長蛇の列を成してます。行列待ちの間、ちょうちんのスポンサー見物などしていると、結構あっという間というものです。
2
列の後ろを振り向くと、後から後から、人・人・人です。サラリーマン、多し!
本殿でのお参りを済ませたら、いざ、熊手を買いに!
今年も、贔屓の店は前日までに売れ筋が売れてしまったのか、いまいちめぼしいものがなく、悩みました。熊手の値段はあってないようなもの。小さくても、いい素材を使っているものは高いし、大きくても安いのもある。素人目にはわからない世界です。熊手の値段負けてもらって、その分色つけて、とか、店の人とのかけひきもなかなか面倒な世界でもあります(笑)。
Photo_17
あーでもない、こーでもない、と言いながら、今年の熊手を無事ゲット。今年のも大きくなってしまいました。去年と同じくらいの値段=予算オーバーです(苦笑)。でも、商売繁盛するなら、お安いもんです。熊手にあれやこれやトッピングの飾りをつけてもらって、お神酒をいただき、皆でにぎやかに手締めをします。これが気持ちいいんです。
Photo_9
たくさんの熊手を売る店があって、「来年は熊手屋さんの『浮気』してみようか?」などと考えた今年です(笑)。
Photo_10
魅惑の屋台いろいろ。でも、毎年熊手の置き場を考えてしまい、泣く泣くにおいだけで通り過ぎています。
夕飯、どこで食べよう?花園神社を出て、新宿の街をちょっと歩きました。
Photo_11 Photo_12
外国人の路上パフォーマンス。颯爽と歩いているポーズのまま、微動だにしないというパフォーマンス。ほんと、かっちこち。でも、顔だけ、たまに表情が変わるのでした。
夕飯は、おなじみのつな八で、天麩羅膳を食べることにしました。昔は1000円で天ぷら定食が食べられたのに、お値段、上がっていました~!ま、当たり前だなあ。
Photo_14 Photo_15
お通しはやまうに豆腐と、蛸の柔らか煮。どっちも絶品!!天麩羅ももちろん、絶品!!うちで揚げるてんぷらとは別物なり(笑)。あ~、幸せ~。酉の市と老舗天麩羅屋さんの夕飯。疲れた体に鞭打って出てきた甲斐は充分ありました。
Photo_16 来年もこんな時間を持って、こんな気持ちになれるように、一年、またがんばらなきゃ。




|

« 今日は二の酉 | トップページ | どれだけ »

おでかけ」カテゴリの記事

お外ごはん」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

時間を割くだけの意味、おおいにありますね!
毎度ぽんすけさんとこで本物の酉の市風景楽しませてもらってます。賑やかさがよくわかります!
私のは露天でなく神社の御守り売り場の熊手、店の人との交渉がないから素人向きかも(笑)

天ぷらっていうのが江戸っ子ね~。最後の店前でのスナップ写真はなんだか新鮮(笑)

投稿: kero | 2010年11月21日 (日) 00時36分

keroさん
商売繁盛を願う人、熊手は買わずに屋台を楽しむ人、それぞれの目的で、皆が年末の行事を楽しんでいる様子です。
毎年出かけるのはよいしょ、って感じですが、行けば行ったでよかったなあって思うの。
商売用の大きめのじゃなくて、もちろん小さいのもあるから、今度は熊手屋さんに買いに行ったらいかが?
天ぷら、久しぶりに自分で揚げたのじゃないの食べました(笑)。
つな八、しばらく来ない間に外国人観光客がとても増えていました。
きっとガイドに載っているんだね。
私たちも、自宅用と実家用に、小さな熊手に稲穂とお守りがついた、神社の熊手お守りを買いました。
熊手がたくさんの福を呼び込んでくれるといいね!

投稿: ぽんすけ | 2010年11月21日 (日) 09時47分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は二の酉 | トップページ | どれだけ »