« 大寒だった・その他 | トップページ | ボクの!! »

金柑ジャムを作る

 お正月にダンナの実家の木からもいできた金柑。大きくて、とても甘いので、木から摘みつつ、いつもばくばく食べてます。ワタシ的には金柑は甘露煮ではなく、生で食べるものです(種が多いのが難だけど、庭ならペッペとタネ吐きながら食べられますね)。たくさんもらって来たので、昨日ようやく金柑ジャムを作りました。金柑ジャムは初めてです。生も甘露煮もダンナはほとんど食べてくれないので、ジャムならいけるかな、と。
Photo
葉っぱ付きできれいです。800グラム弱。
Photo_2 アクが強いので、一度たっぷりのお湯で茹で、皮が裂けてきた頃にざるに上げ、水で洗います。その後、皮と中身を分けて、それぞれ細かく刻む。中身はタネを抜く。小さな果物なので、これを面倒と思うと辛いけど、意外に夢中になれます。フードプロセッサーがあればあっという間でしょうが。左の写真は皮と中身をそれぞれ刻み終わったところ。ここまでくれば、これと砂糖(金柑の4分の1の分量。低糖です)を鍋に入れ、煮込むだけ。もともと水分が少ない上に水分を加えていないので、焦げないように、鍋を見張りました。煮詰めるってほど水気がなかったので、15分くらいが限界だったです。
Photo_3
煮込んでいる間、外から大きな大きな「なむみょうほうれんげ~きょう~」という読経の声と、うちわ太鼓の音が。びっくりして、ベランダに飛び出すと、修行僧?の行進でした。初めてだ~、こんなこと。とても力強い行進でした。なんか、悪くないなあ、こういうの。
Photo_4 出来上がり。予想以上にとても美味しいジャムができました。粘度が低めですが、フルーティーで、さっぱり。パンにのせて食べれば、手軽に極上気分。たくさん食べられそうです。せっかくなので、実家と、隣のおじちゃん・おばちゃんにおすそ分け。金柑が得意じゃないダンナも「これなら」と食べてくれました。うれしい。来年も作ろう。

レシピはこちらをお借りしました。

|

« 大寒だった・その他 | トップページ | ボクの!! »

ごはん」カテゴリの記事

コメント

今朝ほどは美味しいジャムを有難う!
早速 食べましたよ。ほんと美味し~い!
料理も仕事も頑張っててすごいですね。

寒いけど風邪引かないようにね

投稿: おばちゃん | 2011年1月22日 (土) 16時26分

わぁ、早速のコメント、ありがとうございます。
こちらこそ、逆に珍しい頂き物、すみません。
美味しいと言っていただけて、とても嬉しかったです。
ようやく店も一服ってところで、作ろうという余裕ができたの。
料理は凝ったのは作ってないし(笑)。
子どももいないし、季節のご飯作ることで、ずいぶん毎日が色づきますね。
あと、ウィルで(笑)。
本当に寒さがこたえますね。
明日からのご旅行、楽しんで来てくださいね!

投稿: ぽんすけ | 2011年1月22日 (土) 16時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« 大寒だった・その他 | トップページ | ボクの!! »