« 定食屋ぽんすけ・スイブルスイーパー追記 | トップページ | 湯河原・真鶴・箱根半日ドライブ(後) »

湯河原・真鶴・箱根半日ドライブ(前)

 この前の日曜日、湯河原・真鶴・箱根方面へ、半日さんぽに行ってきました。主目的は湯河原にある「かぼちゃ美術館」に行くこと。仕事で知り合ってお世話になっているピンクのアーティスト・さとうひろみさんの作品を観に行く!秋の一番忙しかった頃、「温泉に入りがてら、観にいってよ」と誘われて、ようやっと約束が果たせました。さとうさんはピンクにこだわった作品をたくさん作っています。ご自身も、常に全身ピンク色です。めがねフレームもお洋服も、いつもいつもピンク!
 久しぶりの休日(お正月にはさんざん寝ましたが・・・)、朝は目覚ましをセットせず、ゆっくり起きて(と言っても8時半には起き出してしまった。しかし、かなり満足ナリ!!)、ウィルと変わらずさんぽして、お昼前に出発。ウィルはじじばばとお留守番です。ゲロゲロウィルの介護なしのドライブ、久しぶりだ(笑)。でも、旅の途中、しょっちゅう「隣にウィルがいたらもっともっと楽しいのに・・・」と思ってしまうのでした。子離れが課題です。
 
Photo 初めての山手トンネル&大橋ジャンクション。
 狭い敷地に無理やり作った巨大ループ。驚愕の体感でした。ぐるぐる回って気持ちいいものではありません・・・。
Photo_2 混雑もなく、あっという間に小田原に。休日割引もあって、とっても安くて助かります。途中、だいぶ下のほうまで雪をかぶった富士山の眺望を楽しみました。けれど、てっぺん付近は雪雲に覆われていて、きっと雪降ってるんだろうなあ。
Photo_3
海が見えた時は思わず歓声をあげてしまうものですね。海沿いの道、助手席は気まま。気持ちがいいです。
湯河原に行く前に、途中の真鶴で海を見ることにしました。
Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8
晴れ渡った真鶴岬は、とんびが「ぴ~ひょろ~」と鳴きながら、ゆうゆうと大空を舞っていました。さえぎるものがない眺望に思わずため息が漏れ、大きく深呼吸をしました。急な階段を海辺までずんずん下りていき、名勝「三ツ石」を臨む誰もいない海岸で、しばしぼ~っとしました。この日は非常に冷え込んだので、海岸はさぞや寒かろうと気合を入れていたのですが、思いのほか寒くありませんでした。海がきれいだった。
Photo_10 岬の傾斜地に植えてある水仙がきれいでした。

海のにおいと空気をたっぷり吸って、いざ、湯河原・かぼちゃ美術館へ。
Photo_11
目的のかぼちゃ美術館は湯河原の住宅地にひっそりたたずんでいます。裏山が迫り、みかんがあちこちにあって、湯河原らしい風情を感じながら路地裏を行きます。
Photo_12
大きなみかん、いい色に色づいて、美味しそう、でもすっぱそう。
Photo_13 ここがかぼちゃ美術館入り口。ここは、「草間弥生に愛をこめて」というコンセプトで、草間弥生さんのユニークなかぼちゃモチーフの作品を中心に展示しているこぢんまりした私設美術館です。さとうさんの紹介だったので、オーナーが入館料をおまけしてくれました。草間弥生さんの絵って、「あのカラフルで、ドットが特徴の・・・自分自身がアートって感じのえらく奇抜なおばさん」という基礎知識だけで、特別興味はなかったんですが、なかなか面白かった。目的のさとうさんの作品は横尾忠則とアンディー・ウォーホールに挟まれるという絶好のポジションに、ひとつ置かれていました。もちろんピンク、そしてかぼちゃがモチーフの、エロかわいい作品です(笑)。館長いわく、「もっともっとどんどん増殖させられる作品だよ!」。私もそう思いました(笑)。館長(オーナー)のお人柄も含め、なぜかバルタン星人のどでかい人形やかぶりものの首人形がたくさんある部屋などもあって、フシギワンダーランド的な面白い館です。私たち以外に、若いカップルが2組いました。来館者が自由に書けるノートを見ると、草間さんの作品好きな人ってたくさんいるんですね。
(さんぽの記録は明日に続く)。

|

« 定食屋ぽんすけ・スイブルスイーパー追記 | トップページ | 湯河原・真鶴・箱根半日ドライブ(後) »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのご夫婦だけの遠出、楽しんでるようす♪
私達なんて一緒にでかけても、お互いの写真、撮らないよ。
フレームインすると怒られたりするもん(笑)

伊豆は、一昨年下田に行った以外は、まったくしらない場所。
写真の海岸や、のんびりした景色の中の小さな美術館、
どれも目新しいです~。

草間さん好きで「かぼちゃ」になったのか、かぼちゃが好きで草間さんが好きなのか(笑)でも、面白そうな私設美術館ですねえ。

なにせ、私、その日は寒さに負けて家に篭っていたので、
その差に唖然です(笑)続きも楽しみです♪

投稿: kero | 2011年1月18日 (火) 18時21分

keroさん
>お互いの写真、撮らないよ
うちも撮ってないよ、私だけだよ、ダンナ入れてるのは(爆)。
っていうか、写真撮ってるのは私ばかりなの。
昔はもっとちゃんとダンナの顔を入れたのを撮っていたけど、最近はブログ用に顔が入ってないものばかりになっちゃって(笑)。
東京人にとって伊豆や箱根って東京の奥座敷で、近場の温泉・観光地の横綱として、小さい頃から親しんでいる人が多いと思うんだ。
特に箱根はロマンスカーで手軽に安く快適に行けるしね。
日曜日も、朝起きてから急に「行こうか」ってことになったのよ。

投稿: ぽんすけ | 2011年1月19日 (水) 10時15分

keroさん
そうだ!
この場合は「個人美術館」じゃなくて、「私設美術館」が正しいね!
keroさんのコメント見て、はたと自分の間違いに気づき、訂正しました!
さすが、keroさん!
ありがとう、ひとつ覚えたよ!!

投稿: ぽんすけ | 2011年1月19日 (水) 10時25分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ・スイブルスイーパー追記 | トップページ | 湯河原・真鶴・箱根半日ドライブ(後) »