« 節分会 | トップページ | かくれんぼ »

主役じゃないけど大事なもの

Photo  先週の土曜日のことだけれど、ようやっと正月にダンナの実家からもらった柚子をチップにして冷凍した。1ヶ月経ってしまったので、さすがに水分が少しとんでいて鮮度が落ちていたけれど、お汁やお漬物にちょこっと使う分には、まあ許される範囲。冬の間頂いたり買った柚子は、生で使ったら、あとは皮をチップ状にしてそのままタッパーに入れて冷凍しておくのが習慣です。
 ちょうどパセリも買ったものが残っていたので、これも太い軸だけさっと取り除いて、そのまま冷凍。凍ったものをバラバラに手で揉んだり、ちょっと刻んですぐに再冷凍しておくと便利。以前はスープの浮き実用に乾燥パセリを買って常備していたけれど、生のを冷凍しておいた方が香りがいいみたい。
それ以外にもうちの冷凍庫には刻んだ万能ねぎ、生から電子レンジで乾燥させたバジルは常備です。
 小さいけれど、便利で大事な貯蔵習慣です。
Photo_2 柚子の果汁を絞って、先日作った金柑ジャムとあわせて、熱湯を加え、柚子金柑茶にしました。あったまります~。

|

« 節分会 | トップページ | かくれんぼ »

ごはん」カテゴリの記事

コメント

うーん、あったたまりそう!
自分で手をかけたものでいただくお茶タイム、いいですね~。

投稿: kero | 2011年2月 6日 (日) 12時39分

keroさん
年をとるに従い、貯蔵してあるものが増えました。
昔はものを詰め込んだ実家の冷蔵庫みて、若かった私は「必要になったらその時に買えばいいのに」と思っていたけれど、「ちょっとした時に必要なものが買いに行かずに自宅にあるってとても助かる」と母の気持ちがわかるようになりました。
消費できないほどたくわえ過ぎはどうかと思うけどね(笑)。
お金の方もそんな風に「貯蔵」が増えるといいんですけど、こっちはそうそう簡単にはいかないなあ(苦笑)。

投稿: ぽんすけ | 2011年2月 7日 (月) 09時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« 節分会 | トップページ | かくれんぼ »