« あと一息がんばろう | トップページ | 春本番 »

台所の神様

 この前読んだ川上弘美のエッセイ「なんとなくな日々」の中に、台所や台所の神様の話があって、それ以来、台所や台所の神様が気になって仕方がありません。昔の民家の台所は土間でかまどがあって、畑でぬいてきたばかりの土のついた野菜や、それこそ家畜をつぶして食したり、と、大地や土や生き物の命に直接つながっている場所だったことを思うと、実はとても神聖で特別な場所だったんだなあと思いを新たにしました。時代は変わり、「キッチン」という呼び方の方が似合うようになった今でも、そういうことを想像することは何だかとてもいいことだと思います。調べてみると台所の神様は「荒神様(こうじんさま)」という神様で、かまどの守り神様なんだそうです。うちの台所は、昔金閣寺に行った時にもらったお札と(昔からうちの実家の台所には荒神様こそなかったけれど、いつもお札が貼ってあったので、もらったお札を貼ってみたってだけです)、「台所にお祀りしておくといいらしいよ」と買ってきてくれた母の身延山みやげの大黒天(五穀豊穣・開運招福の神様だけど、古来寺院の厨房の神様だったらしい)のお守りを貼っています。何気なく貼っていた神様だけど、実はうちの台所を見守ってくれてるんだなあと心強く思いました。品川・青物横丁の海雲寺には荒神様がまつられているそうで、毎年3月と11月の27日と28日は「千躰荒神祭」が開かれるそうなので、今度お参りして、荒神様のお札も買いたいな、と思いました(ここにお参りした後は寄り道しちゃいけないそうです)。

なんとなくな日々 (新潮文庫) Book なんとなくな日々 (新潮文庫)

著者:川上 弘美
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Photo 明日から、2泊、小さな旅をしてきます。テーマは脱力です(笑)。予定は詰め込みません。今回は諸々の状態を勘案して、ウィルはじじばばに預かってもらうことになり、久々に人間だけの旅行です。もうじじばばに預けてでかけてもウィルが迷惑をかける心配はないけれど、さんぽの時に母が転んでケガでもしたらどうしようと、それだけが心配です。ウィルと行けないのは寂しいけれど、のんびりさせてもらうよ。

|

« あと一息がんばろう | トップページ | 春本番 »

お気に入り」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

荒神様って聞くけれど、そうか、台所の神様なのねーー。
台所に立たない日はない私達にとって親しみやすい神様ね。

さてさて、久しぶりに一息いれられそうでよかった!
それで・・・今日まで根詰めてがんばっていたのねえ。
ウィル君もきっとおりこうにしてくれるはず。
たまにはオトナ時間をのんびり堪能してきてください。
離れてみて改めてウィル君への深い愛に気がつくかも!?
ともあれ、よい休暇になりますように!

投稿: kero | 2011年2月23日 (水) 17時51分

keroさん
トイレの神様もついでに調べてみた(私の小学校の恩師はこどもたちに「トイレ」と言わせずに「ご不浄」と言わせていました)。
「烏枢沙摩明王像(うさすまみょうおう)」って言うんだって。
どんなところにもちゃんと神様はいるんだね、そういうの、なんだかいいよね(笑)!
今年はおかげさまで年明けのお客様にたくさん来ていただけたし、他にも今年に限って特別やらなくてはならないことが重なり、「農閑期」がなくて、息切れしました。
旅行から帰る翌日の日曜日はまたいくつかスケジュールが入って忙しいので、貴重な3日間です。
電話の鳴らない休日を、のんびりふやけてきますね。

投稿: ぽんすけ | 2011年2月23日 (水) 18時37分

「うすさまみょうおう」でした(笑)。
覚え方、干支の「うさ」と、SMAPって思ってたの(恥)。

投稿: ぽんすけ | 2011年2月23日 (水) 20時29分

こんにちはsun朝散ついでにATMに寄り、帰宅後、最近”円”の価値が世界的に危惧され始めている?というニュースに、何故かウィルままさまの書かれた荒神様やトイレの神様の事が妙に気になりました(川上弘美にも興味があるからか?)
 深大寺に参拝後に入ったお手洗いにも、ちょっと怖い感じの神様のお札と”WC紙は盗んではいけない”と貼ってありました。
円を外貨にするような事態ではないとは思いますが(円も無いから関係ないhappy01)、基本的に昔から守ってくれている神様の存在をないがしろにしない事が今の日本の基本なのかな?
  と思う朝でした。公園の朝のお掃除は心も洗われますscissors

投稿: ルナまま | 2011年2月25日 (金) 12時00分

ルナままさま
円の価値=日本の価値でしょうから、この現状みれば下がって当然でしょうね・・・。
国レベルのことは難しくてわからないけれど、確かに、神様の存在を心のどこかで信じていて、恥じないようにする、とか、自分を捨てて何かを守るという気概が、日本人になくなってきて、非常に弱体化してきてると思います(はい、もちろん、自分もその軟弱で勝手な現代人の一人です・・・。でも、それで開き直ったらいかんですね!)。
いいお天気です!2月ももう終わりですね・・・。
来月からはいよいよ「気合い月」です・・・。
徐々にからだと気持ちを暖めて、エンジンかけて行こうと思います。
ファイト~、一発!

投稿: ぽんすけ | 2011年2月27日 (日) 13時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« あと一息がんばろう | トップページ | 春本番 »