« 定食屋ぽんすけ | トップページ | クレマチスの丘~ヴァンジ美術館~サッカーミュージアム~茶目湯殿 »

お墓参り

 おとといの火曜日、一日ぽっかりと仕事の予定表が空白だったので、春のお彼岸シーズン恒例のお墓参りに行ってきた。いつもは母と私とふたりで行くのだが、ここのところ、父も震災であれこれ外出行事が中止でなくなり、うちにいることが多いので、「今年はふたりで行っておいでよ」と言ったのだが、逆に自分たちは留守番しているから、二人で行けという。結局、私とダンナが行くことに。
 お墓は静岡県にある。ガソリンや道路も落ち着いてきたので、車で出かけた。
Photo
静かでのどかな富士山の裾野にあるお寺。
Photo_2 お寺にご挨拶をして、お墓の掃除。近所に本家や親戚があるので、いつもうちのお墓も手入れをしてくれているので、きれいです。ありがたや~。天国のおじいちゃんとおばあちゃんにご挨拶。やっぱり、たまに来るとほっとする。
Photo_3
おじいちゃんとおばあちゃんが毎日眺めている景色。のどかだ。墓碑をしげしげと眺めると、おじいちゃんは昭和60年12月に81歳で、おばあちゃんは私が結婚する3ヶ月前の平成2年6月に83歳で亡くなった(大学のゼミで出会って、この時すでに婚約していたダンナは、おばあちゃんには会っている)。この前、電力供給量のことで過去を振り返ったばかりだけど、おじいちゃんやおばあちゃんが亡くなったのは、とても前のことに感じられる。父や母もそういうおじいちゃんやおばあちゃんの年齢に近づきつつあって、神妙な気持ちになる。
 お墓参りも無事済み、近所の本家と親戚のうちに寄って、挨拶をする。皆年取った。
母と高速バスで来る時に歩く野の道に、春の野の花を見に行った。
Photo_5
つくし、にょきにょき。
Photo_6
スミレ。
Photo_7 菜の花。
Photo_8 ヒメオドリコソウ。

里はいいなあ・・・。ほっとする。

|

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | クレマチスの丘~ヴァンジ美術館~サッカーミュージアム~茶目湯殿 »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

家業を継ぐように、お墓参りも、ご両親からぽんすけさん夫婦へバトンタッチ、きっとご両親は相談してたんだろうねえ。お勤め、ゴクロウサマです。でも晴れて楽しいドライブにもなったんじゃないかしら。

昭和の終わりあたりなんて、ほんとこの前みたいな話だけれど、そんな感じでどの世代も均等にトシをとっているのよね。あの頃から着実に変わったことといえば、お酒飲めるようになったことくらいだわ(笑)

つくしがいっぱいの土手いいなあ。れんげ畑ももう、なかなか見られない懐かしい記憶の中の風景になっちゃった。

投稿: kero | 2011年3月31日 (木) 14時44分

keroさん
去年母と行った時は、行きの地下鉄が故障で止まり、四谷三丁目で足止めをくらって、乗ろうと思っていた高速バスにのれなくて、帰りは帰りで、思いがけず大雪になって、あたり一面の美しい雪景色、思い出深いお墓参りだったわ(笑)。
今年はお天気がよくて、お墓参りにはぴったりだった。
そうで~す、その後、遊びました~(笑)。
keroさんに教えてもらったクレマチスの丘、行ってきたよ!!
おじいちゃんとおばあちゃんがいた頃の我が家から、月日は流れたね。
こんな地震が起こって、日本が大変なことになって、天国のおじいちゃんとおばあちゃんはきっとびっくりしていると思うよ。
こんなことになるなんて、誰が想像しただろうか。
可憐な野の花、咲いている場所は、人もほとんど通らない、ぽこっと俗世から離れた箱庭みたいにのんびりとしたところなの。
ひとしきり地面にはいつくばって写真に熱中するワタシ(ハタからみると、変な女と思われると思います)、気がつけば、ダンナはしびれをきらせて、姿が見えないの(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2011年3月31日 (木) 16時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | クレマチスの丘~ヴァンジ美術館~サッカーミュージアム~茶目湯殿 »