« 平常であることの安心 | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

お彼岸・地震当日のこと

Photo 今日は春分の日。お彼岸の中日。母がおはぎ(春はぼたもちだね)を作ってくれた。さっそく我が家のなんちゃって仏壇へ。私たち人間は夕飯にいただくとしよう。
 毎年春のお彼岸の頃に、高速バスで2時間ほどの他県にある、私の実家のお墓参りに母と行くのだけれど、まだ予定をたてていない。地震や仕事が落ち着いたら、でかけようと思います。

 地震の当日、お昼前から私はダンナと車で配達の仕事に出ていました。予定の配達が終わり、この日は目先急がねばならない仕事もなく、再び巡り来る本格繁忙期前のつかの間ほっと出来る期間だったで、久しぶりに、出先でお昼ご飯を食べました。以前から車で通りかかるたびに気になっていた「みやもとファーム」という、おそらく農家レストラン。何ぞや?ってことで。私たちは野菜料理をイメージしていたのですが、入ってみたら、なんと焼肉メインでした~。お肉は作ってないので、仕入れているそう。野菜は基本はここでとれたものだけど、この時期はとれるものが少なくて、聞いてみたら、ほとんどが仕入れでした(正直に答えてくれたのはえらい)。ダンナは焼肉ランチ、私は野菜たっぷりのビビンバランチ。今の時期は自家栽培じゃなくて仕入れであっても、ファームと銘打っている意地でしょう、野菜はこれでもか!という量がのっかっていて、満足でした。お肉も、美味しかったみたい。
Photo_2Photo_3

この後、たまには車で行くショッピングセンターに買い物にでも行くか、という話もしたのですが、特に欲しいものもないし、見に行ってわざわざ物欲をかきたてることもない(そんな余裕ない)ということになり、「お彼岸も近いし、三太のお墓参りして帰ろうよ」ということに。

Photo_4
Photo_5 天国の三太に、ウィルとうまくやっていることのお礼や、これからも私たち家族を見守ってね、とお願いしました。
 ここのお寺に住み着いているにゃんこ、相変わらずのんびりとしていました。お参りに来る人達みんなに可愛がられているので、人を恐れず、擦り寄ってくるところがかわいい。

お参りを済ませ、まっすぐ我が家に戻ってきて、車庫に車を入れようと思った時、あの地震がやってきました。車の中にいても、車体を揺らされているような異様な揺れを感じ、地震と気づきました。揺れが少し落ち着いたところで、すぐに家に入り、留守番中の母とウィルの無事を確認。父は新宿三井ビル内の病院で治療中でした。病院があった低層階にいても揺れたけれど、高層階は震度7というビルの防災センターのアナウンスがあったそうです。ともあれ、ほどなく家族全員の無事が確認できたことは、一番の安心でした。
 もし、お昼を食べた後、買い物に足を伸ばしていたら、混乱に巻き込まれたろうな、と思います。三太が守ってくれたのかな?と今でも思っています。

|

« 平常であることの安心 | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

お外ごはん」カテゴリの記事

三太」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

m(_ _)m少しご無沙汰してましたルナ&ミュウ母です。
みやもとファーム行かれていたとはhappy01あそこは家から近いので、たまにまいります。サラダや肉のボリュームと味は認めています。販売品も店頭にあり良い店だと思ってますimpact
 皆さま地震で活動が不規則になり、ご家族等の健康面はご心配のことと存じます。お彼岸に何もせず買ったおはぎだけ食べていたルナ家は不道徳さに反省しながら、先に虹の河を渡ったペットや家族を含め、災害被害者の皆さまにお祈りすることしかできない今の現状に苦しい毎日です。何か突破口はないかと思いますが、生活を見直し普通に生きることがまずできる唯一の基本と思っています。
 実際に恐怖の買いだめをする老若男女をみてしまうと、その嵐がすぎてから、普通に買い物をしています。一部の人が我欲の鬼になるのを見てしまいました。
 まだ気候も落ち着かずストレスも多い毎日ですから、お互い気をつけましょう。
”頑張って、頑張らないようにしていること”がポリシーの私なので、節電などしながらブレズに生活します。
 落ち着いたら、いろいろとお会いしたときにお話ししたいですね。

投稿: ルナまま | 2011年3月22日 (火) 10時51分

ルナ&ミュウままさん
みやもとファームのご近所、うんうん、なんとなくわかるような(笑)。
私も本当はがっつりお肉食べたい気持ちはあったのですが、ダイエット中に付き、野菜ビビンバと相成りました(笑)。でも、ボリュームたっぷりで満腹でした~。
ついていた小鉢の牛肉の大和煮みたいのも、美味しかったです。
この日は家の中の散乱の片付けで手一杯で夕飯も食べず(ダンナは片付けが終わった11時過ぎにラーメンを食べた)、ダンナと「お昼にしっかり食べたからよしとしよう」と話してました(笑)。
暖かくなって、野菜がたくさんの頃に、また行きたいです。
地震の被災地の救援は、時間が経っても思うようにはかどらず、今回の地震の異様さを思い知っています。
おとといあたりは、私も地震後の緊張が緩んで、無気力になりました。無理せず、うちでゴロゴロしていました。
我欲の鬼、私も見ました。
私は分け合おうと思いました。
普段から、買い物に出なくてもあるもので食べられるように、ある程度の在庫を抱えておくことは、こんな時にも役立つのだ、と思いました。
そうですよね、頑張って頑張らないってとても大切な心がけだと思います。
いつもいつも100%やそれ以上の力を出せればそれは素晴らしいけれど、少し余力を残しておくこと、これもすごく大事だと思います。
私も、頑張って頑張らない、そういう心持でいたいと思います。
節電も救援も、年単位の長丁場になりそうなので、余計にそういう気持ちが大切だと思います。

投稿: ぽんすけ | 2011年3月22日 (火) 11時25分

あら、なんだか馴染みのある名前のお店(笑)
そうか、そんな外出をしていた日だったのね・・・寄り道していたらまた、まったく違う一日になっていたね・・・。うん、三太くんが導いてくれたのかもねえ。

ぽんすけさんも、きっとこの1週間でストレスたまっていたのよね。
休んで少しリフレッシュできたようでよかったです。

投稿: kero | 2011年3月22日 (火) 13時50分

keroさん
三太が守ってくれてる、と思うこと、結構あるんだ。
三太だけじゃないな、死んじゃったおじいちゃんやおばあちゃんが見守ってるんだろうな・・・。
被災した方々、亡くなられた方々だって皆そうなのに、あんな理不尽なことがあるんだよね。
つくづく「何で」って思うよ。
何で何百年かに一度あるかないかの、人知を遥かに超えた大災害が、起こってしまったんだろうって思うよ。

投稿: ぽんすけ | 2011年3月22日 (火) 15時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 平常であることの安心 | トップページ | 定食屋ぽんすけ »