« ゆたんぽとウーたんぽ・30歳になる | トップページ | お彼岸・地震当日のこと »

平常であることの安心

 今日からの三連休は、節電のため、予約営業にした。こんなご時勢だから予約も入らないだろうと思っていたら、うれしいことに朝から予約が複数入り、店を開けた。今日以外の新たな予約も入り、ほっと胸をなでおろした。昨日は、地震の影響で、仕事キャンセルの連絡が入り、嫌な不安を覚えていた私だけど、それでもこうやって変わらずに来てくれるお客様もいて、本当にありがたいなあと思った。おかげで外の天気と同じ、晴れやかな笑顔に出会える一日になりました。仕事、精一杯がんばります!
Photo
春のお彼岸の頃は、絶好の春の旅行・レジャーシーズンなのに、営業ができずに頭を抱えている人、不安にさいなまれている人たちも多いだろうなあと思う。楽しみにしていた行事が中止になって、残念に思っている人も。被災地の方を思うと、心底明るい気分になれないけれど、世の中を覆う自粛ムードに飲み込まれないように、迷惑をかけない限りで、できることはやって行きましょう。

|

« ゆたんぽとウーたんぽ・30歳になる | トップページ | お彼岸・地震当日のこと »

ウィル」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

がんばれ~!
今朝のテレビで、これからは復興にむけてがんばらなくてはと、
ある専門家は「よく働いて、よく使う(消費する)」ことを推奨してました。
買いだめして家に籠もり、買い控えることで経済がさらに冷え込むと。
外食も家の電気を節電し、経済活動にも貢献できると。
極端な解釈しないで、やっぱり、日常生活を営むことが大切だなと思います。

節目の時期だし、お客様もお店の営業を喜んでいるでしょう。頑張って!

投稿: kero | 2011年3月21日 (月) 10時07分

keroさん
そうよね、お金を使える人は、どんどん使うべき。
もともと良くなかった経済が、地震でさらに悪くなるのは目に見えてるものね。
三社祭も中止決定、なんか悲しいよね。
これからは、地震で働けない人たちのことも考えて、もっとがんばらなきゃなあ・・・。
何しろ、平常心で、できる限りで変わらぬ日常を営むことが、大きな後方支援になると思います。
(休み前キャンセルになった仕事が再び入り、うれしいです。)

投稿: ぽんすけ | 2011年3月21日 (月) 13時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« ゆたんぽとウーたんぽ・30歳になる | トップページ | お彼岸・地震当日のこと »