« 池のかえるの卵・月イチ・レンテンローズ | トップページ | シーズンイン »

鉄のフライパンのリフレッシュ

 夏のキャンプで泊まったコテージ備え付けの鉄のフライパンがとても良かったからと、「鉄は熱いうちに」と、帰って早々に買った鉄のフライパン。毎回の油返しも欠かさず(慣れてしまうと面倒でない)、料理後、熱いうちにお湯でたわしで洗って乾かす、という使用手引き通りに使っていたのですが、餃子を焼く時、くっつくのです。この鉄のフライパンにしてから、2回、焼き餃子を作ったのですが、初回焼いた時にはがれずにくっついてしまい、その後、オムレツや卵焼きを焼く時もくっつくようになってしまいました(ターナーがテフロン用のナイロンで厚みがあってはがしにくいということもあっただろう)。先週の「定食屋」の餃子、だし入り卵焼き・・・これも「なんちゃってフライパンだし巻き卵」にするはずが、くっついて成型に失敗したのです。これは困った・・・と、このフライパンの製造元に問い合わせてみました。そのような問い合わせはとても多いようで、懇切丁寧に原因と解消法を教えてくれました。鉄のフライパンの弱点だそうですが、「焦げグセ」というのが付くと、毎回同じところが焦げる(くっつく)ようになってしまうそうです。最初に餃子を焼いてくっついた時、焦げた成分がフライパンに残留してしまっているようです。ただ、鉄のフライパンのいいところは、焦げグセがついても直せる、ということです。焦げグセが付いたら、金属のタワシとクレンザーでごしごしと今までの油膜も何もかも、徹底的にこそぎ落とし(洗った後、サンドペーパーで磨くとなおいい)、洗ったらそのまま乾かします。その後、空焼き(強火で玉虫色になるまで焼き、触れるくらいまで冷ましたら、油を入れてあたため、なじませる、という手順を踏めば、リフレッシュできるそうです(詳しい方法はこちらこちら)。また、餃子は鉄のフライパンにとってはもともと過酷なメニューだということもおっしゃってました。途中で水をさして蒸すという作業で、せっかくの油膜がはがれやすくなる上に、蒸した後に水気を飛ばすために、少し火を強める人が多い(私もそうでした)が、鉄のフライパンは極極弱火で充分で、ここで火を強めるとまず焦げますとのこと。
 せっかく買った鉄のフライパン、これからも愛用したいので、教えてもらったリフレッシュを実行します。ただ、餃子だけはやっぱりテフロンが無難、と判断しました。鉄のフライパンは常用(鉄が溶け出すので、鉄分補給にもなるし)、餃子のみテフロン、の「二刀流」ならぬ「二鍋流」でこれからは行きます。でも、リフレッシュして、また油なじみがいい塩梅になったら、また餃子も試したいな。本当はかっこよく、鉄一本でいきたいけど、まだまだみたいです。

なお、1月に買ったペッパーミルやソルトミル、セラミックの薬味おろし、とてもいいです!特に、長年使っていた普通の金属の薬味おろしからセラミックに変えた時の使用感は、感動モノでした。もっと早く買い替えればよかった。
 料理道具ではなくて掃除道具ですが、箒とはりみ、スイブルスイーパーも買って本当によかったです。愛用中。

|

« 池のかえるの卵・月イチ・レンテンローズ | トップページ | シーズンイン »

お気に入り」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ルナ家は、アムウェイ、ダッチオーブンがあり、欲しいテフロンや中華鍋は事情で無くなり、意地でも買ってません。鍋はしっかりアムウェイの金属たわしで汚れを取り乾燥です。しつこい時は水やお湯を入れて火にかけます。でも面倒でついつい水餃子にしちゃうし、目玉焼きは電子レンジで、・・sweat02しっかり情報を聞くウィルままさん!エライですscissors
 モリアオガエルが高い木の葉っぱの上に産卵されていて、実は小学校に持っていったのですが、卵からかえったけど天国へ行っちゃって、しばらく”カエル殺しsweat01”と皆にいじめられましたsweat02 野生は自然の中で一生を終えるものです。
連れて帰って捨てるとか!無責任な人間は腹が立ちますpout 野生に戻れなくても「世話をしたら、一生面倒をみるものだ!」と星の王子様のルナールは王子様を諭していましたhappy01
エゴ、エセフェミニスト、困ったものです。
肛門腺は「10時と8時に?指を置きプチトマトみたいのを触知したら、押して出す」と獣医さんに言われても、たった1回ちょっとだけで、警戒されて、もう2度とさせてくれません。小指突っ込んじゃおうかなhappy01(きっと指かまれますsweat02

投稿: ルナまま | 2011年3月10日 (木) 08時55分

ルナままさん
ダッチオーブン!憧れ~!
キャンプでも一度も使ったことないです!
ダッチオーブン料理、食べたい~。
フライパンや中華なべがないとは、相当な事情がおありなんですね。
かなり、不便でしょう。
忙しい時はさっとできる炒め物って便利だし。
ないと調理に工夫が必要で、上級ですね。
去年のモリアオガエルは小さなカエルに成長してから、校長先生に「少しお分けしましょうか?」と言われたのだけど、生餌が必要で、育てる自信がないので、遠慮しました。
カエルはとても好きですが、やはり、自然の中で見ることが好きです。
ミュウちゃんを育てているルナままさんは、本当にとても偉いです。
私なら、どうしていたか?考えてしまいます。
なかなかできることではありませぬ。
肛門腺、プチトマト、探り当ててみます(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2011年3月10日 (木) 12時55分

焦げグセっていうのがあるのねえ。
テフロンがすっかりなくなったフライパン、まさにその状態です。。
それとは別に、ダーリンのムコ入り道具で鉄の中華鍋があるんだけど、やっぱりちゃんと油通しと乾燥が必要なのよねえ。大事に手をかけて使わなくてはならない道具は、ついつい遠慮しちゃうんだなあ・・・そういえば先日たまーの包丁とぎをしました。あれも同じよね。慣れてしまえばなんてことないと思うんだけど、忙しいフリにかまけて”ついつい”とサボっちゃうんだなあ・・・。

↑ルナママさんの肛門しぼり、1度やったらさせてくれなくなったって様子、想像できて笑ってしまいました。。。グッディは鈍感なのか!?私の感触では、時計の針の位置としては4-5と7-8あたりを指の腹全体で押さえつつ肛門に向かって押し上げるカンジですかねえ。

投稿: kero | 2011年3月10日 (木) 14時44分

keroさん
包丁砥ぎかあ。
砥石でやってるのよね、keroさんは。
エライ、スゴイ!
私はクレジットカードのポイントでもらった京セラの包丁砥ぎ器愛用(爆)。
テフロンは火加減のキャパが広いし、忙しい現代人向きなんだって。
ダーリンはやっぱりお料理が好きだったのね。
私も鉄の中華なべの方は、トラブルもなく、油もなじんでいて、チャーハン炒める時の卵もふわりとくっつかずにいい感じです。
最近はkeroさんにほとんどお料理任せてしまってるけど(まったくしないうちよりは全然してるけど・笑)、昔の愛用の道具を使ってごはん作ってもらいなよ。

投稿: ぽんすけ | 2011年3月10日 (木) 15時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 池のかえるの卵・月イチ・レンテンローズ | トップページ | シーズンイン »