« 台所仕事いくつか | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

もう平気だよ

Photo  地震の後、ちょっと調子が狂いましたが、今はすっかり元通り。
Photo_2
ママの腰の上にあごをのせたまま、眠ってしまったり・・・
Photo_3
パパのひざの上で、あおむけにされたまま、トロトロしてきたり・・・。

何でもない日常。それが一番大事。

|

« 台所仕事いくつか | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

ウィル」カテゴリの記事

コメント

調子よくなってよかったね~
だけどさ、今日の寒さはないよねぇ(>_<)
ぼくはなんの変化もないとママたちは思ってるけどさ、テレビでチャランチャランって音がするとまた揺れるんじゃないかと思って構えちゃうんだよ~やだよね。ぼくなりにちょっと気にしてるんだ~

一日も早く落ち着いてほしいよね。

投稿: グッディ | 2011年4月 3日 (日) 22時59分

グッディくん
ご心配かけました~。
ほんと、昨日はブルブルっときたね。
最後の寒さになることを祈るばかりだよ。
昨日はさ、ママたち、ラジオ聞きながらお店にいた時(ちょうどお客さんがいない時間だった)、あのいや~な緊急地震速報が、突然スーパーフライの曲をぶっちぎって入ったんだって。
ママたち、「また来るか!」っていろめきたったけど、こっちは揺れを感じなくて、複雑な心境だったって。
あれはまじ心臓に悪いよね。
昨日は3週間も海に漂流していたわんこ仲間が、無事発見されて、良かったね!
奇跡だよ!
グッディくん、知らないかもしれないけど、グッディくんのママやパパは、グッディくんのこと、「うちの子は大丈夫かな?」ってちゃんと心配してるんだよ。

投稿: ウィル | 2011年4月 4日 (月) 09時58分

ルナールは皆さんのワンちゃんたちと同じく、地震・雷・花火・工事・・・です。ようやく落ち着いてきたルナですが、余震が大きいと部屋の隅に行き、動きません。3/11は机の下に私と伏せていました。ミュウもつぶされないように風呂場でゲージに硬い板を載せ避難!無事発見されたワンコは本当に奇跡!良かった!
 原発は化学もわからぬ素人として思いついたことが(高分子ポリマー)、なんと現場でもトライされて、効果がなくガックリです。高温度高線量多量の汚染水、数々の問題。。。専門家や現場の方々にお願いするしかないことに大変申し訳なく思う毎日です。うちの近隣にも避難されてこられてます。できることはさせていただきたいと思っています。
ウィルママ様はお写真も素晴らしいnoteウィルもお花も完璧で癒されます。私も努力してみますdog

投稿: ルナまま | 2011年4月 4日 (月) 12時58分

ルナミュウままさん
まだ余震続いてますよね。
ウィルはだいぶ揺れに慣れたようですが、私はやはりいまだにヘルメットとウィルのリードを枕元に置いて寝ています(異常な恐怖が続いているわけではなく、あくまで備えなので、ご心配なく)。
3月11日のあの時、おうちでルナミュウと一緒で本当によかったですね。
ウィルも、ガタガタでした。
お友達は、家族が留守で、慌てて帰ったら、恐怖とコウフンで、いつもはしない脱糞&ちっこを部屋の中で垂れ流し、走り回っていたそうです。
その後はママから離れないと言っていましたが、やはり落ち着いてきたようです。
先日の茶目湯殿敷地内のホテルも、あの後、避難された方々が入られたそうです。
まだまだ予断を許さない状況が続いていますね。
昨日はETV特集で、放射能汚染地に取り残された人達の今と、吉岡忍と玄侑宗久の対談をやっていました。
情報がなく、自主避難地域でありながら、地形や天候の関係で高濃度の放射能に汚染された避難所に取り残されていた避難者たち(皆、それぞれにもっと遠くの安全な場所に避難できないわけがあるのです。用意された避難所へ連れてはいけないペットの存在が大きいのです)。
いつまでさまよわなければならないのか、放浪が続く福島県民の行方が非常に気の毒です。
原発の町に住んでいたおじいさんが、「こんなことがいつか来ると思っていたが、まさか自分の代で起こるとは」と言っていましたが、本当に皆そう思っていると思います。
本当に私たちは、砂上の楼閣というか、すごく危うい暮らしをしていたんだ、と思います。
見直さなければ、変わっていかなければ、亡くなった方々が浮かばれません。
けれど、どうやって?各自の努力だけではどうにも。
難しすぎてわかりません。

投稿: ぽんすけ | 2011年4月 4日 (月) 13時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 台所仕事いくつか | トップページ | 定食屋ぽんすけ »