« 春の朝 | トップページ | 新年度展望・お花見茶会 »

春色さんぽ

 今朝のあささん。春の色でいっぱいです。
Photo けやきの木も芽吹きの季節。高い梢を見上げ、柔らかな緑を見ると、清々します。
Photo_2
色とりどりの寄せ植え。
Photo_3
「春だねえ」by ウィル

Photo_4
やまぶき。

Photo_5
桜も葉っぱが目立つようになりました。

Photo_6
どうだんつつじの花。

Photo_7
チューリップがうれしそう。

Photo_8
ノースポール。

Photo_9
アネモネ。
Photo_10
セーターにしたいような色合いです。

|

« 春の朝 | トップページ | 新年度展望・お花見茶会 »

ウィル」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

春色、いろいろですねえ。
私も今朝の散歩は、散りゆく桜より、新緑の方に目がいきました。
元気な緑は桜よりもさらにパワーをもらえる気がします。

「春だねえ」のウィルくん、「また、お写真?」って顔に見える!
グッディが毎回ほんと、そんな顔でレンズみるのとすごく似てるの(笑)

どうだんつつじ、これね(笑) 今年はっきりとアセビとの違いがわかったよ~おかげさまで!!

投稿: kero | 2011年4月13日 (水) 18時19分

keroさん
この時期、日に日に緑が増えているのを感じますよね。
緑も芽吹きの時期は単純な緑ではなくて、ピンクっぽかったり、萌黄色だったり、春独特の色合いがとてもきれいだと思います。
芽吹きの時期は、本当は山に行きたい。
芽吹きの山の色は、本当に柔らかくて、一日眺めていても飽きないと思います。
プライベートで山にでかけるのはなかなか難しい時期ですが、たまに仕事で行ける幸運にめぐりあえるのですが、今年はどうかな?
どうだんつづじとあせび、よく見ると全然違うよね、わかってよかったね!!
あとね、私もよく間違えたんだけど、コブシとハクモクレンも混同しやすいです・・・。

投稿: ぽんすけ | 2011年4月14日 (木) 10時14分

そういえば!こぶしとハクモクレン、去年かおととしここで話題になったっけ?
花の付け根にピロンと葉っぱが1枚ついてる感じなのがこぶしと覚えた気がします。ほんとうは花びらの枚数も違うんだけど遠めじゃ数えられないしね。

春先の山かあ。学生時代のオリエンテーリングを思い出すわ(笑)
たしかにいろんな緑色があるよね。どれも生命力でいっぱい!

投稿: kero | 2011年4月14日 (木) 11時35分

keroさん
うん、ハクモクレンとコブシ、悩んでいた時期があった(笑)。
最近はだいたい区別できていると思う。
花の大きさや、花の形、花のつき方が違うと思います。
こぶしの方が花が小さいし、花びらも細長く、花の向きがてんでんばらばら。
ハクモクレンは、花も大きく、ボリュームがあって、はなびらも太い。
上に向かって咲いてます。
コブシは素朴で、ハクモクレンはちょっと優雅。
花の下の葉っぱはチェックしたことないな。
毎年春の彼岸過ぎにお参りするお墓の近くの、すごい大木は、こぶしかハクモクレンかいまだに悩んでます。
高尾山あたり、今頃は週末も平日も、すごい人が出てきてると思います。
桜の時期に行くと、本当にすばらしいのよね。

投稿: ぽんすけ | 2011年4月14日 (木) 13時46分

重ねて失礼~

わたしも、コブシ(花びらがてんでんばらばら、素朴)、ハクモクレン(分厚い大きい花びら、優雅)ってそのイメージどおりです。
そしてさらに・・・ハクモクレンは、白い小さな鳩がとまってるようにみえる(笑)!靖国神社にいいる白い鳩をみると、ハクモクレンを連想するほど。イメージわきませんか~?

お墓のそばの木、なんだろうねえ。ピロンって葉っぱも目印にしてみてね。何年越しかで分かるっていうのも、楽しいね。

高尾山は1度しかいったことがないのだ。昨日の日経朝刊に載ってた吉野山のさくらも、きっときれいだよねえ。一度みてみたいです。

投稿: kero | 2011年4月14日 (木) 18時29分

keroさん
10年ちょっと前だったか、4月下旬に仕事で高尾山に行くことがあって、まだ当時仕事に慣れていなくて、下見がてら、陣馬山~景信山(かげのぶやま)~高尾山を縦走して歩いたことがあったんだけど、その頃の山は本当にきれいでした。
峠で食べたきのこ汁も美味しかったな。
吉野山の桜は、おととし、父と母が見に行きました。
やはり一度は見てみたかったのだと思います。
ハクモクレン、確かに白鳩に見えるね。
これからハクモクレンを見るたびに、白鳩を思い出しそうだ(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2011年4月15日 (金) 10時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« 春の朝 | トップページ | 新年度展望・お花見茶会 »