« あささんの花 | トップページ | 生きていた!モリアオガエル »

実家詣でと青空かけっこ

2週間ぶりに休みがとれた昨日。出かけた先は・・・ダンナの実家詣でじゃった~(泣笑)。ぼけ始め(?)のじじの刺激になっていいだろう、とセラピードッグのウィルを連れて(効果あるんか?)。出かけるとき、東京はまだ霧雨が降っていたけれど、ダンナの実家(群馬県)に近寄るにつれ、暑いほどに晴れてきた~。
 11時にうちを出発。都内混雑が激しく、ようやく1時頃、寄居PAでお昼ご飯。食堂でかき揚げそばを買って、外に持ち出せたので外の東屋で食べる。天気もよく、人も少なく落ち着くなり。つゆの味がとっても濃いけれど、手打ちっぽいふぞろいで太めのそばは意外にいけた。おなかすいてて、とにかくなんでも、うまうま。ごちそうさま!
 じじとばばは歓迎してくれた。相変わらずあっちこっちの不調を訴えるものの、ひとまず元気そうでほっとする。去年の今頃、義父は糖尿病が悪化して、病院に入院していたのだ。あの時の検査で、薬を増やし、今は安定している様子。ウィルは借りてきた猫のようにおとなしかった。でも、そわそわしてて、落ち着かなかった。じじはウィルに顔をべろべろ舐められ、喜んでいた。よし、もくろみは当たりだ(笑)。ダンナは母に頼まれ、屋根に上って樋掃除をしていた。ワタシは何もしなかった割に、疲れた。
 家の前の河川敷の誰も居ない原っぱで、ウィルとかけっこした。気持ちよかった!
Photo Photo_2
ここのところ、休日に車でウィルを連れ出しているので、ウィルも私たちも、車で一緒にでかけることに慣れてきた。昨日も、ちょっとよだれが出たけれど、あれくらいなら上出来だろう。がんばってくれたね、ウィル!どうもありがとよ。もっと広くて、快適な車ならいいんだけどね(笑)。
 GWに帰省しておらず、最近電話で義母から「父ちゃんがぼけないうちに、もっと顔見せろよ」と言われていて、気にかかっていたのだが、ひとまずほっとした。親思いでマメな義姉や、義兄夫婦プラス3歳のかわいい盛りの姪っ子ちゃんは、ちょくちょく顔を出している模様。でも、かわいい末っ子のダンナも他の二人と同レベルでもっとマメに顔を出して欲しい親心。近いのだから、がんばってもっと行くべきなんだろうが、でも、マジ忙しい。私たちの生活の様子がイマイチわからない義母には、歯がゆい私たちなのだろう。次は・・・盛夏だなあ。

|

« あささんの花 | トップページ | 生きていた!モリアオガエル »

おでかけ」カテゴリの記事

ウィル」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ウィル君、ロングリードがあるんだね!
ひろーい原っぱ、いいなあ!きっとグッディ、ヨダレ出るほどうらやましかろう・・・(笑)
車もだんだん慣れてきたみたいで安心しました。車に乗る事自体がイヤじゃなくなっていつも楽しいことばかりだから、きっとそのうち、車に喜んで乗る!?まあ、期待しすぎずのーんびりと、ね(笑)

オヨメさん稼業、オツカレサマでございました。
これもまた、休みあってこその実家孝行ですね。有効活用したってことで!

投稿: kero | 2011年6月10日 (金) 16時00分

keroさん
このリードは、ウィルの仮ママさんが使っていて、ウィルを迎える時に買ったんだけれど、伸縮のリードって使い慣れなくて(リボンでやけどやケガしやすくて、危ないんだよね。実際一度指をやけどしたの)、こういうおでかけの時にしか出番がないの(私は嫌いなので、ダンナしか使わない)。
ダンナが写真見ながら、「この写真だけみると、なんだかすてきな場所と錯覚されそうだが、実は・・・だよな」って笑ってた。
でも、予想外に芝生の状態がきれいで、誰もいない広っぱ(ちびっこ広場という場所です・笑)を独り占めだったよ~。
自分から喜んで車に乗るほどまでの高望みはすまい(笑)。
まだ多少無理があるのでしょうが、がんばって一緒についてきてくれるウィルが愛しくて仕方ないです。
ヨメらしいこと、ほとんどしなかったんだけれど、やっぱり疲れるよね(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2011年6月10日 (金) 17時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« あささんの花 | トップページ | 生きていた!モリアオガエル »