« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 赤福「伊勢だより」でカエルに出会う »

お別れは悲しい

Photo 仕事が一息ついた時や少し余裕のある時のあささんの帰り道、ウィルとたまに立ち寄るコーヒー焙煎工場のコーヒー屋さん。オーナーがウィルより2まわりくらい小さめのビーグルのエメちゃん(♀)を飼っていて、行くとひとしきりスタッフの皆さんとウィルを囲んで話に花が咲くのです。エメちゃんは、とってもかわいい顔をした女の子だけどおそろしく気が強くて、ウィルは全然近寄らせてもらえませんでしたが。
 夏の暑さの厳しい時期は、毎朝あささんが6時過ぎだったので、お店に立ち寄る機会もなかったのですが、久しぶりにお店に立ち寄りました。・・・エメちゃんが、つい先日亡くなっていました。あと一週間で11歳でした。リンパ腫だったそうです。2ヶ月ほど前、両後ろ足の付け根付近に赤いできものを発見したのが最初で、獣医さんに行ったら「散歩中に虫に刺されたようなことはありませんか?」と言われ、様子を見るように言われたそうですが、それから間もなく、今度は首の付け根付近にしこりができ、嫌な予感がして再度病院に行ったら、「もしかしたら、と思っていたけれど」と、リンパ腫であることを告げられたそうです。手術するのは、11歳間近のエメちゃんへの負担が大きく、すでにガン細胞は全身にまわっているので手術効果も限定的ということ、延命のための先端の医療を受けたいのなら、大学病院も紹介すると言われたけれど、いずれにしても頻繁に慣れない大学病院に通院することになり、悩んだ末、エメちゃんに異常な負担がかからないように、できるだけ楽しく変わらぬ日常を送り、ここでできることをして皆で看取ろうということにしたそうです。余命は3ヶ月と言われたそうです。首の腫瘍は日に日に大きくなり、そのうちに声をあげることもできなくなり、固形のごはんを食べることも困難になったそうです。亡くなったのは、20日土曜日の午前中、家族みんなで甲子園の決勝を見ていたとき、家族に囲まれながら、静かに息を引き取ったそうです。その前日あたりから、水も飲めなくなっていて、そろそろお迎えが近いと覚悟はできていたそうです。
 お店の奥のプライベートルームに置いてあったエメちゃんの犬小屋には、白いりんどうが飾られていました。主のいないひっそりとした犬小屋のなんとさみしいこと・・・。涙が溢れてとまりませんでした。
 エメちゃんは、三太と同じ動物霊園に入るそうです(四十九日まで、お骨はおうちに置いておくそうです)。きっと三太たち先達と一緒に、天国を駆け回ってるだろうな。さようなら、エメちゃん。あんなに愛情豊かなに人達に囲まれて暮らせて、最後まで本当に幸せだったろうと思います。あなたと会えてよかった。お別れは、本当に辛い。

|

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 赤福「伊勢だより」でカエルに出会う »

わんこ」カテゴリの記事

ウィル」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

そうだったのね・・・同じ犬種だし・・・寂しいね。。

実は代々木ランでの常連のビーグル2頭連れのうちの1匹が、8月の半ばになくなったの。日曜日、ランで元気に歩いていたのを見ていたから、水曜日に亡くなったと聞いて信じられなかった。ランに来ていた翌日月曜日に急変して病院に行ったけどそのまま・・・。目の付け根が腫れて充血が続いていて、飼い主さん心配して頭部のレントゲンやCTまでとったんたけど、結局は肺の腫瘍が原因だったと・・・。
でもね、最後まで食べ物だけは普通に食べていたそうで、さすがビーグル!と笑って話せたのがよかったかな。お連れのもう1頭は元気で、ご主人様独占できて嬉しそうなぐらいなのも救われます。

こうして、犬の世界を知って喜びも大きいけど、こうしたお別れとは無縁でいられないことを実感します。エメちゃんも、今頃痛みから開放されてお空で元気に走り回っているよね!

投稿: kero | 2011年8月30日 (火) 18時27分

keroさん
エメちゃん、痛みや辛さから解放されて、のびのびと遊んでいるよね・・・。
そう思えば、お迎えがくることは安らぎでもある。
けれど、辛いね。
ご家族の心情を思うと、身につまされて。
たまにだんなさんとさんぽ中に出会ったけれど、うれしそうにだんなさんにトコトコとついて歩いていた姿を思い出します。
それは本当に幸せな幸せな光景でした。

投稿: ぽんすけ | 2011年9月 1日 (木) 09時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 赤福「伊勢だより」でカエルに出会う »