« 包丁を修理に出す | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

菅平のおみやげ

Photoペンションのイングリッシュガーデンを見ながら、奥さんと植物の話をしていたら、「東京で育つかわかりませんが、お持ちになりますか。うまくいかなくても気にしないで」と株分けした苗をくださったのです。
Photo_2
左が「ルリダマアザミ」、右が「カンパニュラ・ウェディングベル」です。カンパニュラ・ウェディングベルは倉本聰のドラマ「風のガーデン」で覚えた花でした。カンパニュラはいわゆるホタルブクロのことで、白い可憐な花をつけます。ルリダマアザミはその名の通り、シルバーがかったうすい瑠璃色のぽんぽん(花)が涼しげな草。菅平やドラマの舞台の北海道の気候に向く植物だけに、高温多湿(もはや亜熱帯・・・)の東京で生きていけるか、不安ですが。花が咲くよう、がんばってくれるといいな。今回の休暇ではおみやげを買いませんでしたが、思いがけず何より素敵なおみやげになりました。大事にします。

|

« 包丁を修理に出す | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

おでかけ」カテゴリの記事

ベランダ」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

なによりも、すてきなおみやげだね!うまく育つとよいねえ。

子供の頃、母の実家である山に咲くスミレがすごく好きで、小さな株を掘って持ち帰って自宅の庭に植えたんだけど、野生は強い・・・数年であちこちに花が咲き、雑草とみなされるようになりました・・・(笑)

旅先で気に入った草花があっても、勝手に持ち帰りはできないと心得ている分、こうしていただけるのは嬉しいですよね。

投稿: kero | 2011年8月 8日 (月) 15時29分

keroさん
スミレはほんとに強いよね。
普段のさんぽみちでも、春先はど根性スミレをたくさん見つけます。
自分の山があるって憧れるな。
うまく育つかわからなくてスリリングですが、本当の意味で夢のあるおみやげですよね。

投稿: ぽんすけ | 2011年8月 8日 (月) 16時39分

この記事へのコメントは終了しました。

« 包丁を修理に出す | トップページ | 定食屋ぽんすけ »