三太・めだか・カエルの合唱

三太の近況です。ここのところ、うんちょの状態は上々です。それから調子が悪かった頃よりちょっとほえるようになりました。母がさんぽに連れて行こうとする時は、「早く!早く!」とドアから出るまで催促するようにほえます(しかし、出ると歩きは超スローモー)。食欲もあります。ただ、後足はさらに弱ってきているのかな、という感じです。それに相変わらずめくらめっぽう室内を歩き回り、ごっちんごっちんぶつかっています。いろんなところに三太の鼻スタンプやよだれがつきまくっています。狭いところにもよくはまってそのまんま落ち着いてしまいます。これから暑くなるので、体調管理が心配です。

うちのベランダの睡蓮鉢のめだかはまた卵をおなかにつけています。きっともっと広い池なら小さなベビーでも生き残れるのでしょうけれど、うちの鉢は小さいので逃げる場所がないのでしょうね。一匹でも生き残れればいいけれど。

夜、お寺の方にさんぽに行くと、立派なカエルの合唱が聞こえるのですよ!ダンナと二人でお寺の前(夜間は閉門されてて入れないのです)で、たたずんで聴きました。こんな場所でもカエルが生きていると思うと、感動してしまう私たちなのでした。
0706164 0706162 0706163 0706165 0706166

| | コメント (2)

めだかの赤ちゃん死亡・カエルの危機

親たちがいる睡蓮鉢から移した赤ちゃん2匹。昨日の朝までは元気に泳いでいたのに、昨日の夜には1匹、今朝残りも死んでいました(泣)。透明だった体は死ぬと白くふやけて、本当にしらすのようでした。育てるのは難しい。
 さっき、ラジオのニュースで聞いたのですが、神奈川県の野生のウシガエルからツボカビ病が見つかったそうです。野生のものでは国内初の感染確認だそうです。恐れていたことがとうとう現実になったわけですね。これ以上広がらないことを心から祈るばかりです。
070608_13

| | コメント (0)

三太近況・めだかの赤ちゃん

070607_1 三太の近況について。先週土曜あたりからうんちょの具合がよくなってきた。今までもたまに良くなることはあってもすぐまた下痢に戻ったのだが、今回は順調に快復しているようである。結局、薬は今回あまり用をなさなかったようだ。今は普通のシニア用のドライと消化器疾患用の処方食とササミを混ぜて与えている。良く食べてくれてうれしい。ほっと一安心だ。
 おとといの夜、三太の快復の報告を兼ねて、獣医さんにフィラリアの薬をもらいに行った。病院でTVによく出ているリポ070607_2ーターの女性が愛猫(アビシニアン?)を連れて来ていた。本物かどうか確信が持てなかったのだが、受付においてあった診察手帳の中身が見えてしまって、やはりその女性リポーターだということが分かった。おしゃべりな人で待っている間ちょっと話したけど、TVでみるよりずーっとケバかった。あれぐらい化粧して目鼻立ちをはっきりさせて、ようやく普通にTVに写るんかいな。私が出たら、のっぺらぼうって感じ?

ベランダのめだか。昨夜ぼーっと鉢を観察していたら、睡蓮の葉の間にめだかのベビーちゃんを見つけた!目ばかり目立って、からだは透明、まるでミニミニ生シラスのような感じ。よくぞ見つけた!って感じの小ささ。1ミリくらいかな?二人で目を皿のようにして探してもうあと1匹見つかり、結局それだけ別の器に移して見守ることにした。えさはめだかのえさをさらに小さくすりつぶしてあげてみた。育つといいんだけど。貝はすごく増えている。こわいくらいだ。害はないのだろうか?ベビーもこやつらや親に食べられちゃってるんだろうな・・・。

| | コメント (0)

朝のめだか・巻貝・久々お寺へ

水が澄んでめだかを見るのが毎朝の楽しみになった。そもそもいっとう最初にめだかを飼ったのは睡蓮鉢の水のボウフラ対策の為だったけど。めだかも私に少しなれたようで、私が覗き込むと餌をくれると思い、上がってきてくれるようになった。鉢の苔や藻の掃除をしているとみられる巻貝は増殖している模様。今日付近をざっとみただけで、5匹はいたから、もっといるのだろう。おそるべし繁殖力。めだかよ、負けるな!
070601 070601_1
午前中、三太を伴うのはあきらめ、久しぶりに一人でお寺に行ってみた。境内は空が広く、静かで緑も多く、とても気持ちがいい。思わずからだを伸ばして深呼吸をしてしまう。池のおたまじゃくしはひきがえるのものと思われる大きなものがまだ結構いた。睡蓮がまたひとつ咲いていた。白い睡蓮のつぼみもいくつか。白い方を見たかったな。なりたてのザリガニ(まだ、2~3㎝くらいで、色も白っぽくちょっと透き通っている感じ)も2匹発見した。ちっちゃいけれどはさみもちゃんとあって、はさみをふりあげながら歩いていた。静かに観察していると繁みからはカエルの合唱もきこえてきて、私はうれしくなってしまう。そーっと姿を探してみたが、結局発見は出来なかった。人の気配には敏感のようだ。池の周囲にはえている椿の木にはチャドクガの幼虫がびっしりついている葉があった。なんだか見ているだけで痒くなる。この毛に触るとかぶれて大変な目にあうから、皆さんも椿や山茶花の木のそばを歩く時は注意してください。今の時期、結構いますよ。
070601_2 070601_3
今日からもう6月だ。今月は梅雨の時期だというのに、予定表を見ると意外に忙しい。明日もまた一日出張だ。

| | コメント (0)

大慌ての朝・睡蓮鉢の水

今日は朝から出張だ。眠いけど起きなきゃ、と体を起こして絶叫してしまった!私のシーツの上に三太の足のスタンプがペタペタと!!しかも色は茶色!!慌てて寝床を飛び起き、家の中の惨状を目の当たりにした。昨日の夕方遅く雨が止んだのを見計らって、うんちょをさせるためにさんぽに出たのだが、結局2日連続で不発。昨日のブログに書いたけど、出ないのは回復の兆しかと少し期待していたのだが、結果は裏目に出た。2日分だから大量の「カレー」・・・。その大半は玄関マットの上に・・・(泣)。家中に捺してまわった「茶色のスタンプ」とまっ茶っ茶の三太の足を大急ぎで拭いて、クッションとスリッパと玄関マットを洗濯機でまわしてひとまず仕事に出る。シーツとふとんカバーは帰ってからだ!忙しい朝だったけど、やっぱり三太を怒る気にはなれなかった。私も少しは大人になれたのかしら?

うちの睡蓮鉢のことだけど、最近水が澄んできた。めだかを投入して以来、面倒くさがりの私は、蒸発分を足すだけで水を替えていないんだけど。最近本屋で立ち読みした「めだかの飼い方」の本に「筆者が実践している水替えしなくてもいい方法」が書いてあって、それによれば巻貝を鉢に入れておくとお掃除してくれて、何もしなくても澄んだ水を維持できるとあった。そうなのだ、実はちょっと前に発見したんだけど、うちの睡蓮鉢にはどこから来たのか小さな巻貝が3匹くらいいる。本当に小さいから、もう少し大きいのをお寺の池から頂戴してこようと思っていたが、この小さいやつで十分おそうじができるようなのだ。写真は今朝文字通りクソ忙しい中、澄んだ睡蓮鉢で泳ぐめだかをどうしても撮りたくて写したんだけど、中に沈めている睡蓮の鉢の土の上の飾りの砂利や睡蓮鉢の内側のきれいなグリーン色がわかりませんか?ちょっと、というよりかなりうれしいです!!小さいながらビオトープ化して、好循環が出来たようです!
070526

| | コメント (2)