思い出す

 昨日の夜、TVでやっていた映画「HACHI」を観た。劇場公開時には結局観に行かなかった映画。ハチの信じる気持ちや愛らしさが、よく出ている映画だった。映画館で観なくてよかった。途中から、涙でボロボロだったから。

 二年前の夏、海から帰ってからの日々を思い出す。三太の命日が近い。
Photo

| | コメント (2)

「グリーン・ゲイブルズ」に浸る

Photo  土日も仕事だったので、昨日は一息入れることに。お昼に友達とランチをして、その後一人で渋谷で映画を観た。映画はもちろん、「赤毛のアン~グリーン・ゲイブルズへの道」です。映画館は道玄坂上にあるミニシアター「Cinema ANGELICA」。節約して水曜の1,000円デーに行こうかとも思ったけど、たまの映画、混んでるよりいいか、と。目論見以上にガラガラだった(笑)。のんびり観られて最高。

懐かしいアン。もう最初から懐かしさで胸がいっぱいになって、もちろんしっかり覚えているオープニングテーマを一緒になって口ずさんで、涙が出て困った。そうそう、この素晴らしいオープニング、夢みたいだったなあ。今、原作も読んでいるんだけど、アニメは本当に原作に忠実に作られていたんだと改めて驚愕。セリフが、ほとんど原作どおり。このアニメが放映されていたのは1979年だったそうなので、当時私は13歳だったということだ。子どもの頃と記憶していたが、もう中学生だったのだ。多感な時期に「赤毛のアン」に出会えたことはきっと幸運だったのだ、と今になり思う。そして、それから31年経った今、改めて見直すと、中学生当時は思い至らなかったことがたくさんある。TVで観ていた頃は、アンの立場に立って見ていた気がするが、今は完全にマシュウとマリラの心情に近い。人生の折り返しをとうに過ぎた実直な兄妹。極端な恥ずかしがりやのマシュウと、そんな兄を支えるうちに自分まで婚期を逃したしっかりものの妹マリラ。子どもを引き取るのだって、慈善ではなくて、「年老いたマシュウを助ける働き手が欲しい」と男の子を希望していたことは、とてもシビアだし。マシュウもマリラも、決して生きるのが器用なタイプではない。そんな二人がひょんな行き違いからアンという空想力豊かでエキセントリックな女の子を引き取るはめになり、アンの引き起こす様々な事件に驚かされながらも、アンへの愛情に目覚め、深く耕されていく。一方のアンも家族を得て、健やかに伸びやかに成長していく。とても味わい深い話です。むしろ大人になった今だからこそ、気付かされること、励まされることに溢れています。
 アニメーションは原作の世界を本当によく表現していると思います。自然豊かなグリーン・ゲイブルズにやってきたアンの感動がそのまま伝わり、自分が体感しているように感じられます。そして、照れ屋のマシュウの愛情深さに泣けます。登場人物たちの数々の名セリフ、本当に深いです。
 今回はアニメ全50話のうちの1話から6話までの再編集で、アンが紆余曲折を経て、「グリーン・ゲイブルズのアン」になるまでの部分の公開ですが、今後もアンの成長を見守りたいと思います。

 蛇足ですが、途中から私はアンがウィルと重なって仕方ありませんでした。ウィルもきっとあれこれ不安を抱えながら我が家にやってきたんだろうな、辛い経験したんだろうな、と。そして、引き取ったことは私たちにとって大きな一歩であり、福音だったんだ、と大げさですが、思いを新たにしたのでした。

| | コメント (2)

久しぶりに赤毛のアン

 子どもの頃からずっと大好きだった世界名作劇場の「赤毛のアン」。その劇場版が公開されているので、絶対観に行かなきゃと思っています。今回はTVの第1話から第6話までを再編集したもの。ということは、最後まできっと何回かに分けて映画化されるのだ、と思うとワクワクします。
 集英社文庫版・松本侑子訳「赤毛のアン」を買いました。そしたら、本屋さんがつけてくれた文庫カバーがグリーンゲイブルズだった!わ~い!!ハガキ大のカードも2枚ついてきました。
 おととしにはアンの切手も買ったなあ
 
読み始めて、アニメの世界が目に浮かぶようです。夏休み気分にもなれます(笑)。映画観るのが楽しみです!
Photo

おまけ
今朝のベランダのシソとバジル。どっちも花が咲き始めてしまいました。バジルは花が咲くと特に茎がすごく固くなる。栄養とられて、葉っぱも小さくなりました。シソもバジルも自分ちで食べる分には充分過ぎる量で、活躍してくれてます。
Photo_2 Photo_3

| | コメント (2)

最近借りた映画

オリンピックも終わって、TVで観たいものもなく、レンタルショップで借りて観た映画。

グラン・トリノ [DVD] DVD グラン・トリノ [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009/09/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マンマ・ミーア! 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] DVD マンマ・ミーア! 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/04/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブーリン家の姉妹 [Blu-ray] ブーリン家の姉妹 [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SEX AND THE CITY [THE MOVIE] [DVD] DVD SEX AND THE CITY [THE MOVIE] [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すべて「遅ればせながら・・・」。どれも、皆良かったです!
 「グラン・トリノ」はイーストウッドがすごくいい。地味ですが、じ~んとくる名作だった。ダーティーハリーを熱演していた人は、自らはこんな映画を作るんだとしみじみ。彼は内省的で渋めの映画が好きですね。
 「マンマ・ミーア」は映画に慣れるまで現代版ミュージカル形式がちょっとこっぱずかしかったけど、すぐに引き込まれ、後は思い切りノリノリ、カラダが動いちゃう!何しろ音楽とド派手なダンス(おばさんとおじさんの!)の魅力。ストーリーはこの際どうでも(笑)。アバの曲ってちっとも古びない、永遠だなあと思いました。
 「ブーリン家の姉妹」は歴史ロマン。二人の美女演じる姉妹のドロドロの愛憎劇は見ごたえありました。王宮モノは衣装やセットが豪華でそれがまた魅力。それこそ映画にしかできない魅力。
 「セックス・アンド・ザ・シティ」はドラマも見たことが無かった。人生をあんなふうに謳歌しているオンナの人もいるんだなあって。私、枯れ過ぎかも(笑)。あとはカラッとしているけどとっても強くて明るい、女友達の絆がうらやましかったなあ。 
 話題の3Dの「アバター」も「経験」してみたいけどなあ・・・、多分行かないだろうなあ(苦笑)。旧作なら一週間借りても100円、準新作も200円もしないで借りられて楽しめちゃうんじゃ、映画関係者も泣けちゃいますよね。

| | コメント (0)

シルバーウイークは・ぞうれっしゃ

仕事ぽつぽつ、町会の祭りの合間に、映画でも観ようと昨夜久しぶりにDVDを借りに行った。選んだのは4本。

「青いパパイヤの香り」(1993年・仏映画/トラン・アン・ユン監督)
2129dqmjpl__sl500_aa192_
ダンナは昨夜もお祭りの手伝い(昨夜は御霊移しと夜店)だったので、一人でのんびり観ました。
 1950年代のベトナムが舞台。とある家に奉公に出された10歳の少女が主人公。みずみずしくある意味官能的な映像で、少女の成長と少女を取り巻く人間模様を描く。ベトナムの中・上流家庭の家のすてきなこと!カエルもいっぱい出てくる!お気に入りの1本になりました。


以降の3本はこれからのお楽しみ。

最高の人生の見つけ方 [DVD] DVD 最高の人生の見つけ方 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009/06/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランスアメリカ [DVD] DVD トランスアメリカ [DVD]

販売元:松竹
発売日:2007/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「ホテル・ルワンダ」(2004年・英・伊・南アフリカ/テリー・ジョージ監督)

Photo











今夜は高校時代の世界史の先生が出演する「ぞうれっしゃ」コンサートに行ってきます!
去年初めて聴きに行って感銘を受けました。

| | コメント (2)

幸せな気分になる

Photo  「シネマ食堂(飯島奈美著)」を買いました。飯島奈美さんというのは映画「かもめ食堂」や「めがね」、間もなく公開される「プール」などの映画やCMで活躍するフードスタイリストさんだそうです。この本はご自分がかかわった映画だけではなく、古今東西の映画に出てくる魅力的な食卓シーンを飯島さんが再現した本です。もちろんレシピとしての実用性はありますが、カラフルでムーディーな食卓の写真と、その映画の思い出もあいまって、ただ見ているだけでも幸せな気分いっぱいになるおいしい本です。私は特に映画「かもめ食堂」が大好きです。原作本もすごく良かったです。オーソドックスで奇をてらわない、素朴で静かなたたずまいの食事の数々は、見ているだけで幸せになり、とってもおなかがすいて食べたくなってきます。
そのほかに最近読んだ(題名が似てるんですが)「食堂かたつむり(小川糸著)」もとってもおいしいにおいと、せつない味付けの本です。

シネマ食堂 Book シネマ食堂

著者:飯島奈美
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かもめ食堂 (幻冬舎文庫) Book かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

著者:群 ようこ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

食堂かたつむり Book 食堂かたつむり

著者:小川 糸
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

「リリィ、はちみつ色の夏」

 ここのところ、忙しかったのと、図書館に行くのがなんとなくおっくうで、本を読んでなかった。図書館に予約している本が何冊かあって、多分そろそろ1冊くらい番がまわってくるだろうから(それがなかなか来ない・・・)、それまで少しお休みもいいかと思ってた。たまたま最近封切りの映画「リリィ、はちみつ色の秘密」という映画のストーリーが目にとまって、映画観るより、本を読んでみたいなあと思った(原作は「リリィ、はちみつ色の夏」)。去年、原作を読んで映画も観に行った梨木香歩原作の「西の魔女が死んだ」のアメリカ版みたいなにおいがするなあと思った。多分とっても気に入りそうで、手元に持っていたい本になりそうな予感がしたので、アマゾンで買った(調べた時は図書館に蔵書がなかったのも購入の大きなきっかけになったんだけど、さっきもう一度調べたら1冊だけあった。ま、これも縁かな)。

リリィ、はちみつ色の夏 Book リリィ、はちみつ色の夏

著者:スー・モンク・キッド
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昨日の夜から読み始めたんだけど、私の期待を裏切らない、とてもいい話みたいです。読んでいて思ったんだけど、最近私のそばにあったものがたくさん出てきて、とっても不思議に思いました。はち、はちみつ、ビーグル、カロライナ・ジャスミン・・・、「リリィ」という名前も。出会いの前にこういう接点があって導かれているように感じることがよくあります。アメリカ南部のにおいがムンムンする、白人少女の成長と少女を支える黒人女性たちの生き方を描いた小説です。こういうアメリカ南部の田舎や黒人文化が絡んだドラマってすごく好きなのです。
 「フライド・グリーン・トマト」という映画も私の中で5本の指に入る映画の一本。地味なんだけど、もう何度も観ていて大好きな映画です。これも心の中の宝物。おばあちゃんのジェシカ・タンディのチャーミングなこと。
 それから最近BSで放送していた「ショーシャンクの空に」も5本の指の中の一本。長い映画だけど、いつも感動する!大好き!
 もう一つ、アメリカ関係の映画で大好きなものをあげると、「スタンド・バイ・ミー」。全部見たことがある人はきっと私の好みがわかることでしょう(笑)。私はきっと子どもっぽい(おとなになりきれていない)のです(苦笑)。
「ショーシャンク・・・」も「スタンド・バイ・ミー」もホラー小説の王様S・キングの原作だけど、これらは怖い話ではありません。

| | コメント (4)

レンギョウ・犬との暮らしの幸せ

Photo レンギョウの花盛り。葉っぱも出てきた。黄色い花は見ていると元気になる。

昨日の夜は映画「犬とわたしの10の約束」をTVで放映していました。こういう映画って、ひねくれものの私は、どうも安直にお涙ちょうだいを最初から狙っているだろうと、実はちょっと観るのに抵抗がないことはないのだけど、ずっぽりはまってしまいました。犬の十戒は三太が年をとってから知りました。10の戒律は犬を愛している人ならとてもよくわかり、どれも最後まで守り通そうと思うものに違いない約束です。 最後の犬との別れのシーンは去年の三太との別れそのままで、あまりにリアルで記憶が生々しくよみがえって、声を上げて泣いてしまいました。三太とはいったんお別れをしましたが(三太とは天国で再会すると信じてます)、幸いに、私はその後三太とはまったく違う個性とかわいさを持ったウィルという新たなわんこと出会い、一緒に暮らす縁をもらいました。一生仲良く、最後までウィルのことを愛してあげたいと思いました。
 最近は春だからか、何だか感動クセがついていて、ドラマ「黒部の太陽」でも泣き、先日今年度で閉校する中野富士見中の生徒たちとアンジェラ・アキが一緒になって富士見中の校庭で歌った「手紙~拝啓・十五の君へ」に泣けました。ひねくれものの私ですが、単細胞なので(複雑っす・笑)、しっかり製作者の思うツボにはまってしまっているようです。

| | コメント (4)

最近観た映画

といってもDVD借りたんだけど。たった2本だけだけど。一番最寄のレンタルショップが1月上旬に閉店してしまい、その次に近いお店の会員になったばかり。映画を観るのは結構時間を拘束されてしまうのがいやで、ごくたまに思い付いて借りる程度なんだけど(夜はすぐおねむになってしまうお子ちゃまな私である)。でも映画は手軽に異世界に連れて行ってくれるので、好きだ。閉店してしまったレンタルショップは店員が独自にリコメンドしている作品が結構私好みで好きだったのですが。しかも、たまにいく中華ファミレスの「バーミヤン」にいた(今もいるのであろうか?)礼儀正しく感じのいいシカオ似の店員さんが、このレンタルビデオ屋でもバイトしていたのも「高得点」だった。残念じゃ。

ボンボン(2004/アルゼンチン)
 私の好きなゆるい淡々としたロードムービー。「ドゴ」という変わった種類の白いおもしろい犬が出てくる。意外な展開の最後は笑って泣ける(泣ける人は少数かも)。犬は人間を食う(もちろん、食べると言う意味じゃないですよ、演技者としてですよ~)。真っ白い犬とおじさんの服、ウソのように青い空が美しく印象的。
ダークナイト(2008/アメリカ)
 以前からラジオでやたら「ヒース・レジャーのジョーカーがいい、いい!」と言っていたので気になっていたので、アカデミー賞の前に借りて観た。ヒース・レジャーは私、全然知らない人だったのだけど、この映画を観た後「素」の写真をみてびっくり!きれいな人なのね~。「バットマン」の前知識がなく、いきなり観たのでわからないところが多かった。暗くて怖かった。ジョーカーは鬼気迫るものがあったけど、絶賛するほどかなあと私には映画はピンと来なかった。不条理な怖さから言えば、去年の「ノーカントリー」の方がずっと怖い。

映画じゃないけど、NHKの白洲次郎のドラマがかっこよかった。あんな日本人がいたんだ。しかし全3回と言ってたけど、3回目が8月放送予定って引っ張りすぎじゃないでしょうか。

| | コメント (3)

「西の魔女が死んだ」を観に行く・昨夜の三太

「西の魔女が死んだ」(梨木 香歩著)の映画を観に行った。もともとケチって、1000円で観られる水曜レディースデーを狙っていたけど、なかなか都合がつかず、上映打ち切りもそろそろかなという今頃になっての滑り込み。店を少しだけ早めに閉めて、三太の夕飯と三太を母に預け、新宿の7:20分からの最終を観にでかけた。しかし・・・!なんと、立ち見というではないか。私のまわりで観に行った人からは混雑とは聞いていなかったので、これは計算外。チケット売り場でしばし考え、万が一に備えて考えていた(この日は父も母も出かけていて、何時に家にもどるかわからなかったので、万一ふたりの帰りが遅い時はもっと遅い時間のを観るしかないかな、と思っていた)ユナイテッドシネマとしまえんのレイトショー(9:15分からの上映)で観ることに決めた。だいぶ時間があくので、紀伊国屋書店でぶらついて、先日の日記に書いた「村上レシピ」を(この本は以前本屋でぺらっと見ただけだった)を買ってしまった。豊島園までの移動と本代を考えるとレディースデーの意味がなくなってしまった(Photo笑)。Photo_2
 ユナイテッドシネマとしまえんには(シネコン自体初めて)行ったことがなかったけど、やっぱりきれいで広くてきもちがいい。時間が時間だからすいてそうだし。席を確保して(チケットを買うときに指定される)、しばらく人の少ないロビーの喫茶スペースでのんびりパンフレットと「村上レシピ」の見ながら空腹を想像で紛らわせて(笑)ぼけっとした。思いがけず生まれたちょっとした空白の時間だけど、これはこれでいい時間だった。
「西の魔女が死んだ」は原作が本当にすばらしく、その世界は、あえて映像化しなくても(しないほうが)いいんじゃないかと思っていた。Photo_4
 最初のうちはやっぱり想像の世界の方がいいかな、と思いながら観ていたけど、観ているうちにだんだんになじんできた。とてもていねいにおばあちゃんのおうちや周辺の風景を作っているとは思う。おばあちゃん役のサチ・パーカー(シャーリー・マクレーンの娘さん。よく似ている)がすごく良かった。興味のある方は映画もおすすめだけど、是非是非原作を読んでほしい。もともとは児童文学だけど、この本には幸せに生きるヒントがたくさん詰まっている。できることではないけれど、かなうなら、私もあんな風に生きたい。途中から私の涙腺は壊れてしまった。印象的なシーン、大好きなシーンがたくさんあった。
 
 辛かった時、この本を読んでほっとしたおばあちゃんのセリフ。
「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思うことはありませんよ。ハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、誰がシロクマを責めますか。」

映画が終って、家に戻ったのは日付が変わる直前だった。この後、悪夢のような夜が始まったのです。

ご心配をいただいた昨夜ですが、獣医さんと相談して、一番効き目の穏やかな睡眠薬のようなものを飲ませることにしました。薬はできるだけ避けたいですが、副作用もないということなので、安心して任せることにしました。眠りばな、少しぐずりましたが、その後は静かでした(またふとんの上でおしっこをされていましたが・・・)。これで一安心です。あたたかい励ましの言葉をありがとうございました。感謝。

| | コメント (5)